ポルノハブ、仮想通貨決済サービスのプーマペイと提携

 カナダのポルノサイト「ポルノハブ(Pornhub)」が仮想通貨決済サービスのプーマペイ(PumaPay)と提携するとが明らかになった。ポルノサイトは最近、仮想通貨での支払いサービスの強化をしている。

 プーマペイとの提携によってポルノハブは、ポルノハブプレミアなどのサービス料を仮想通貨で支払えることになる。ポルノハブは、「ポルノハブとプーマペイが世界を救う」というタイトルでユーチューにビデオを投稿した。

 プーマペイは、売り手側が消費者のアカウントから仮想通貨を「引っ張り出す」ことを可能にするサービス。銀行への高い手数料などが発生する従来の決済システムの仕組みを変えることを目指すという。

 ポルノハブは、仮想通貨での支払いに力を入れている。4月にはアダルトエンターテイメントのストリーミングサイト、ポルノハブは17日、仮想通貨バージ(XVG)を、決済手段として受け入れると発表。先週には子会社のチューブ8(Tube 8)は、ブロックチェーンをベースとしたプラットフォームを構築する計画を明らかにした。同プラットフォームでユーザーは、チューブ8の動画を閲覧したり、コンテンツに関わり合うことで、仮想通貨トークンを稼ぐことができるという。