PayPay、住信SBIネット銀行からチャージ対応開始 リップルの技術使ったマネータップと初接続【ニュース】

スマホ決済サービスのPayPayが1月31日から住信SBIネット銀行の口座登録への対応を始めた。米リップル社の分散型台帳技術を使った銀行間送金アプリである「マネータップ」のシステムを利用する。

PayPayのユーザーはアプリ内の銀行選択画面で住信SBIネット銀行を選択し、PayPayの残高にチャージができるようになる。

今回はマネータップのシステムを利用した初めての接続となる。既存のインフラであるCAFIS(キャフィス)などを介さずに銀行口座からPayPayへのチャージができるようになる。これにより個々の金融機関でのコスト削減が可能になるという。

昨年10月に業務提携

今回のPayPayとの接続は、昨年10月に発表していた業務提携の一環だ。

マネータップを主導するSBIホールディングスは「CAFIS等の既存インフラを介さない安価な説億をサポート」できると強調している。銀行側だけでなく、決済サーボス事業者側にとっても個々の銀行への接続開発費が不要となり、銀行の開拓作業も効率化するメリットがあるとしている。

マネータップでは、PayPayだけでなく、ほかのプリペイドチャージ事業者の大手1社と3月末に接続予定としている。またほかの大手1社と接続検討中であるとしている。

 

出典:SBI決算説明資料

三井住友銀行もマネータップに参画

マネータップは、リップルの決済技術を活用した銀行間の個人送金アプリで24時間365日の少額送金ができるのが特徴だ。

1月31日に三井住友銀行が新たにマネータップに資本参加している。三井住友はSBIとの間でマネータップでの協力のほか、貿易金融分野でも協力するとしている。

【関連記事:SBI北尾氏「仮想通貨事業者のM&Aを検討していく」 | アフリカでXRP決済の構想も

【関連記事:SBI北尾氏、中央銀行デジタル通貨を「一番注目」|リップル社IPOについても言及

【関連記事:SBI子会社の仮想通貨取引所SBIVCトレード、36億円の黒字に|マイニングの新サイトも立ち上げ

【関連記事:モーニングスター、仮想通貨XRPの中間株主優待を実施

【関連記事:三井住友がSBI R3とリップル社の技術使ったマネータップに出資|ブロックチェーン使い金融サービス構築

【関連記事:SBI子会社マネータップとペイペイが業務提携 リップル社の技術活用したチャージ事業を展開