オーバーストックの仮想通貨子会社tZERO、新たな幹部を指名 投資銀行から人材採用

Eコマース大手のオーバーストックの仮想通貨子会社tZEROは、新たに3人のマネジャーを指名した。7月17日に公開したプレスリリースで発表した

指名されたのは、ブローク・ナバロ氏、ミハエル・モーギアス氏、アレクサンダー・ソティロポウロス氏で、7月15日付けでそれぞれ、発行部門、IR部門、広報部門の正式なマネジャーとなった。

同社のサウム・ノウルサレヒCEOは以下のように述べた。

「発行面では、ブローク(ナバロ)がサプライサイドに焦点をあてて我々のセキュリティトークンエコシステムの戦略的開発を指揮する。発行体と連携してプロ向け証券ATSにさらに質の高い資産を提供する。マイク(ミハエル)とアレックス(アレクサンダー)は、我々の戦略的市場ポジショニング開発を継続する先端に立ち、既存および潜在的な投資家、アナリスト、メディア、シェアホルダーと関わっていく」

ナバロ氏はバークレイズの投資銀行業務部門のマネジングディレクターなどを務めていた。新規株式公開、フォローオン、コンバーチブル、私募などを対象とした同社顧客向けのアドバイザーの経験もある。


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版