ビットコイン低迷する中、中国系のネオが再び急騰 習近平発言以降で75%超プラスに【仮想通貨相場】

ビットコインが軟調な展開を続ける中、中国系の仮想通貨ネオが再び急騰した。先月末に習近平国家主席がブロックチェーンに対して前向きに発言して以来、ネオは75%以上上昇したことになる。

(出典:Coin360 11月13日12時15分時点)

ネオは過去24時間で7%以上のプラス。12ドルを突破した。習近平発言の前は、6ドル台で取引していた。また同じく中国系の仮想通貨として知られるオントロジーも6%以上上昇している。

(出典:Coin360「ネオ/ドル」11月13日12時15分時点)

ネオは、「中国版イーサリアム」として知られている。また、規制順守の姿勢を示しており、中国が発表する仮想通貨ランキングのトップ10に入っている

【関連記事:第14回中国仮想通貨ランキング、EOS首位 ビットコイン11位で変わらず|XRP(リップル)が大幅上昇

一方、ビットコインは8700ドル付近で低迷している。習近平発言の恩恵は受けて一時は1万ドルを突破したものの、その後失速。先月末以降で17%ほどの上昇に止まっている。

9000ドル付近にある21EMAを下回ったことから、テクニカル的に警戒するアナリストも多い

ただ、ビットコインに対してチャイナパワーが発揮されるのはこれからであるという楽観論も出ている

【関連記事:ットコイン40%高騰は「小さな波」に過ぎない!?中国の巨額投資ファンド日本代表「真の相場はこれから」と予想