仮想通貨取引所マウントゴックス裁判 カルプレス元社長は控訴

懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決を受けた仮想通貨取引所マウントゴックスのマーク・カルプレス元社長が、控訴した。29日にAP通信が担当弁護士の話として報じた

カルプレス氏は、15日に東京地裁から言い渡された判決で、業務上横領については無罪になったものの、現金残高を水増しする為に取引システムのデータを改ざんしたとして私電磁的記録不正作出・同供用で有罪になった。この判決に対して、検察側は控訴を見送る方針を固めたと報じられた

カルプレス被告の緒方延泰弁護士は、「カルプレス被告は利用者のリスクを削減しようと努めていただけだ」と述べた。またカルプレス被告は「全てにおいて無罪だと神に誓って宣言できる」と話したそうだ。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Mt. Gox CEO Decides to Appeal Conviction on Manipulating Financial Records