マイクロソフトのAzureでトークンとブロックチェーンデータ管理の新機能を発表【ニュース】

マイクロソフトは6日、クラウドサービスである「アジュール(Azure)」で新たにトークン化およびブロックチェーンデータ管理サービスを発表した

新サービスの「アジュール・ブロックチェーン・トークンズ」はテンプレートを備え、業界標準に準拠したトークンの定義や作成、管理をシンプルにすることを目的としている。現在はプレビュー版が公開されている。

「ブロックチェーンネットワーク自体の管理に加えて、アジュール・ブロックチェーン・トークンズを介して現物またはデジタル資産のトークンを簡単に作成および管理できる体験を提供できるようになりました」

ブロックチェーンデータ管理サービスではユーザーがブロックチェーン台帳データをキャプチャし、暗号化されている場合は復号化して複数のソースに配信できるように設計されている。

発表によると、この新しい機能は「既存のアプリケーションをブロックチェーン台帳にあるデータと統合する面倒な作業」を簡素化するという。

マイクロソフトは開発者コミュニティーへの報酬を目的にブロックチェーン基盤のノンファンジブルトークン(NFT)である「アジュール・ヒーローズ」の立ち上げも発表している。

【関連記事:マイクロソフト、ノンファンジブルトークンでアジュール開発者に報酬付与へ

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン