自動車大手メルセデスベンツ、ブロックチェーンでコバルト追跡へ | スタートアップと協力【ニュース】

メルセデスベンツとブロックチェーンスタートアップのサーキュラーは、電気自動車用のリチウムイオン電池に使用される希少金属(レアメタル)コバルトのサプライチェーン追跡を目的に、パイロットを共同で展開する。1月30日にプレスリリースで述べた。

今回の提携は、次世代自動車の特定を目指すイニシアチブ「Startup Autobahn(スタートアップ・オートバーン)」の一環で、環境関連ガス排出と再生マテリアル量とバッテリーセル製造のサプライチェーンの追跡に向けてブロックチェーンを導入する。

メルセデスは、今回のパイロットで収集したデータを、新たなカーボンニュートラルな量販車の開発に向けて使用する意図がある。

まずはコバルトのサプライチェーンに焦点をあてる。大半のコバルトがコンゴ民主共和国で採掘されるが、その採掘状況は非倫理的との報告がある。

2017年の国連の報告によると、世界1億6800万人の子どもが搾取的な環境で労働を強いられており、うち4万人がコンゴ民主共和国のコバルト鉱山だとされる。つまり、企業らは、自社で使用するコバルトがどこで生産されているのか知ることが極めて重要となっている。

ブロックチェーン基盤のパイロットプログラムは、生産フローを地図化し、サプライチェーンで使用される再生マテリアル量も記録される。

今回の連携は、メスセデスベンツが、特に人道関連においてパートナー企業らがサスティナビリティ要件満たしているかどうかを確認するのに役立つとされる。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:大手鉱山開発企業グレンコア、ブロックチェーンでコバルトのサプライチェーン追跡へ

【関連記事:美味しい安全なサーモンはどこから? IBMのブロックチェーン技術でサーモンのサプライチェーン追跡開始

【関連記事:米小売大手ウォルマート、インド産エビ用にブロックチェーン基盤のサプライチェーン構築

【関連記事:食品大手ネスレ、乳児用粉ミルクの品質・原産地情報をブロックチェーン追跡システムで提供

【関連記事:スタートアップのメディコネクト、英国で薬剤のサプライチェーン追跡に向けた実証実験

【関連記事:ブロックチェーン開発企業トゥルトレース、会計大手デロイトと提携して大麻サプライチェーン追跡