スイスのネット通販大手 仮想通貨決済を受け入れ開始 ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)など対応

スイスのネット通販大手ディジテック・ギャラクサス(Digitec Galaxus)は19日、決済手段として仮想通貨の受け入れを開始したと発表した。

対象となる仮想通貨はビットコインイーサリアムリップル(XRP)、バイナンスコイン、ビットコインABC、ビットコインSV、ライトコイン(LTC)トロンネオOmiseGoとなっている。200スイス・フラン(約2万2000円)以上の買い物から対象になるそうだ。

ディジテックの共同創業者兼CIOであるオリバー・ヘレン氏は、次のように述べた。

「仮想通貨は魅力的だ。イーコマースで確かな支払い手段になるだろう。我々はこの発展をサポートしたい」

ディジテックは、270万点以上の商品を販売。今回の決済手段はスイスのDatatransとデンマークのCoinifyと共同で開発さた。「15分間ウィンドウズ」というシステムで、その間、仮想通貨の両替レートは変わらないという。決済には1.5%の手数料がかかるという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Largest Swiss Online Retailer Digitec Galaxus Now Accepts Cryptocurrencies