りそな銀行 リップルの決済サービス採用のマネータップと提携中止へ

りそな銀行は、4月11日に公式ウェブサイトでマネータップとの提携を5月13日に中止すると発表した。マネータップは、リップル社の決済サービスxCurrentを採用した銀行間送金アプリだ。

SBIが展開するマネータップは日本で初めて分散型台帳技術(DLT)を用いた送金アプリ。昨年10月3日にリリースされ、りそな銀行はSBI住信ネット銀行およびスルガ銀行とともにこのプロジェクトに参加した。先日SBIは、マネータップを法人化したと発表。参加する金融機関を増やす計画を示したばかりだった。

今回のりそな銀行によるマネータップとの連携中止の発表では、中止決定に関する詳細な事情については明らになっていない。

翻訳 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。

編集 コインテレグラフ日本版
原文 Japan: Resona Bank Ends Partnership With Ripple-Based Payment App MoneyTap