静かな仮想通貨は終わり?ビットコインやイーサ リップルなど仮想通貨5種のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

仮想通貨相場が下落する中、個人投資家は損失分を埋め合わせるために売りに走る傾向がある一方、機関投資家は割安で買っている。取引高は減少する一方、M&Aの数は増えている。

先日、ゴールドマンサックスと仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタルのマイク・ノボグラッツ CEOがカストディ(資産管理)サービスを手がけるBItGOに1500万ドルの投資をした。今年は業界内で145のディールが進むという見通しがある。去年の約3倍だ。

静かな仮想通貨の動きも今後1、2週間のうちに終わるという見方が出ている。見極めポイントはどこだろうか?見てみよう。

BTC/USD

ビットコインは、直近のレジスタンスである6831.99ドルを突破できなかった。現在は2つの移動平均線付近で推移している。ここがサポートとして機能しているのかもしれない。もしここを下回れば、次のサポートである6250ドルまで下がる可能性もある。

ビットコイン・アメリカドル(BTC/USD)デイリーチャート

15日に急騰したあと、買いが続かなかったのは弱気な兆候だ。市場参加者は小さな上昇局面を迎えるたびに、急いでポジションを閉じている。2つの移動平均線はフラットでRSI(相対力指数)は中間点付近にある。短期では保合いが続くだろう。

ビットコイン/米ドル(BTC/USD)は、今後2、3日の間、5900ドル~6832ドルのレンジ相場が続くだろう。上振れるのか下振れるのかが、次の方向性を見極める必要がある。

上昇局面では7400ドルと8400ドルの水準に注目だ。下落局面では5900ドルを下回れば狼狽売りを招き、5450ドルまで下落するだろう。さらに短期間で5000ドルまで下がる可能性もある。

5900ドルのサポートを下回ったら買いポジションをしまうことを勧める。

ETH/USD

イーサリアムは引き続き弱気な展開が続いている。192.5ドル~249.93ドルのレンジ相場の底を再び下回る可能性がある。レンジ相場を下振れたら、9月12日につけた167.32ドルまで下がる可能性もある。

イーサリアム・アメリカドル(ETH/USD)デイリーチャート

上昇局面においては二つの移動平均線、さらに249.93ドルで手強いレジスタンスに合うだろう。イーサリアム/米ドル(ETH/USD)はレンジ相場を上回って維持することができれば、強気のサインと捉えられるだろう。

トレーダーは、250ドルを超えて取引を終える時(UTC時間)までロングポジション開始を待つべきだ。それまでは静観するのが良い。

XRP/USD

リップルは20日間EMA(青色)を少し下回った。より高い水準で利益確定売りが見られるかもしれない。二つの移動平均線は横ばい状態が続く一方、RSIは売られすぎでも買われすぎでもない領域に近い。近い将来、保合い相場になることを示している。

リップル・アメリカドル(XRP/USD)デイリーチャート

リップル/米ドル(XRP/USD)は、0.37185ドルのサポートを割ったら弱気相場になるだろう。上昇局面では 0.5ドル、0.55ドルそして0.625ドルでレジスタンスに直面する。0.625ドルを上回った水準を維持できてば上昇トレンドが再開するだろう。

現時点では買い場は見当たらない。

BCH/USD

ビットコインキャッシュはシメトリカルトライアングルのサポート線まで下落した。トライアングルを下回れば、下落トレンドが再開し、300ドルまで下がるだろう。その間、9月11日につけた408.0182ドルで小さなサポートを得られるかもしれない。トレーダーは400ドルでのストップロスを守るべきだろう。

ビットコインキャッシュ・アメリカドル(BCH/USD)デイリーチャート

20日間EMA(青色)は過去2、3日間横ばいが続いた後、下がり始めた。RSIはネガティブな領域にある。弱気相場が近いことを示している。ビットコインキャッシュ/米ドル(BCH/USD)は、もしトライアングルを上抜けたら、上昇するだろう。

EOS/USD

EOSは、2つの移動平均線付近でトレードが続いているが、総じて動きは鈍い。過去2ヶ月間、4.4930ドル~6.8299ドルのレンジ相場でトレードが続いてきた。二つの移動平均線は横ばいで、RSIはニュートラルな領域に入っており、買い手と売り手の均衡が保たれている。

イオス・アメリカドル(EOS/USD)デイリーチャート

イオス/米ドル(EOS/USD)は6.8299ドルのレジスタンスを超えたら、強気トレンドに転換するだろう。3.8723~4.49ドルのサポートゾーンを割ったら、弱気派の勢いが強まる。トレーダーはストップロス4.9ドルで現在のロングポジションをキープするべきだ。