インド、ICICI銀が250社に貿易金融の単一ブロックチェーンプラットフォームへの参加求める

 インドの銀行大手、ICIC銀行は17日、企業250社以上に対し、国内外での貿易金融取引にブロックチェーンプラットフォームを使ってもらうよう委託したと発表した

 ICIC銀行はブロックチェーンのビジネスチャンスを探るため、16年に調査を開始。同年6月には、最高技術デジタル責任者(CTDO)の役職を新たに設置した。同年8月には、インド国内でブロックチェーンを使った国際貿易金融と送金の試験事業を開始した。

 同行のチャンダ・コックハーMD兼CEOは、ブロックチェーン技術の統合は、関係者に共通のプラットフォームをもたらし、貿易の文書管理を簡素化できる可能性があると語る。

「ブロックチェーンの技術は、単一のプラットフォームに全ての利害関係者を集めることで、文書集約型の貿易取引を簡素化する可能性を持っていると考える。また別の取り組みとして、同業の銀行やその他のパートナーと協力し、業界にブロックチェーンを使った包括的なエコシステムを作ろうとしている。そこで共通の作業標準を発展させ、この取り組みのさらなる採用に貢献したいと考えている」

 リリースによれば、ICIC銀行の開発したブロックチェーンアプリケーションは、国内外の全ての取引参加者が、リアルタイムでデータを閲覧及び追跡できるようにする。参加者はまた、資産の所有権を電子的に証明し、暗号化されたセキュアな一連の電子契約手段により、貿易金融取引を実施することもできる。

 今月これまでに、スペインのサンタンデール銀行が、ブロックチェーンをベースとした決済ネットワークの立ち上げを正式に発表している。報道によれば、このシステムにより国際取引のコストや待ち時間が削減できる。

 3月にはイングランド銀行が、新たな即時グロス決済(TRGS)サービスがブロックチェーン技術と相互に機能し合うか試験する、概念実証に着手していることを発表した