米顧客対象の仮想通貨取引所フォビUS、12月15日にサービス停止【ニュース】

米国本拠の仮想通貨取引所「Huobi US(フォビUS)」を運営するHBUSは12月9日、サービス停止を発表した。取引サービスは2019年12月15日20時30分(太平洋時間)に利用できなくなる。また2020年1月31日20時(太平洋時間)までに口座から資金を引き出すこと、さらに取引履歴データを出力することを呼びかけている。

(出典: Huobi US(フォビUS)

同社公式ツイッターアカウントは、次のようにツイートした。

「現在進行中の戦略変更の一環として、HBUSがより統合を進めた形で再開できるように事業を停止します」

11月初頭、フォビ・グローバルは、11月13日よりすべての米国居住者の口座を停止すると発表。仮想通貨に関する米国の法規制に従い、米国居住者の使用を明示的に禁止しており、取引・譲渡防止のため該当口座を無効化する旨を明かしていた。

ただしこの発表時には、米国市場から撤退するのではなく、「米国における独占的かつ戦略的パートナー」であるHBUSを通して米顧客にサービスを提供するとしていた。バイナンスUS同様、HBUSはグローバル拠点から独立し運営するという体裁だった。

フォビのグローバル展開

フォビは2019年9月、法定通貨ペソで取引できる取引所をアルゼンチンで開設した。フォビの既存プラットフォーム上で、仮想通貨取引および店頭取引(OTC)サービスを構築できるフォビクラウドを利用したものだ。

7月には、タイで仮想通貨取引所を運営するためのライセンスを取得。今年第3四半期にはサービス提供予定。

また6月、トルコで仮想通貨取引所を始める計画を発表した。2019年末までにトルコで仮想通貨取引所をスタートする予定だ。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン