トークン化でアジアの債券市場の効率化目指す、HSBCとシンガポール証券取引所などが連携【ニュース】

大手銀行HSBCは、シンガポール証券取引所(SGX)、シンガポール政府が所有する投資会社テマセクと連携し、ブロックチェーンを活用した証券のトークン化とスマートコントラクトで、アジアの債券市場の発行プロセスの安定化と関連コストの削減を目指す。HSBCシンガポールが11月13日に発表した。

HSBCは、アジアの債券市場は成長を続けているが、債券の発行とサービスのプロセスは非効率的なままだとし、これは複数の当事者らが情報交換する単一のプラットフォームや、債券を発行以降も追跡するツールがないからだと指摘している。

今回の試みでは、トークン化証券とスマートコントラクトを採用し、投資家、債券アレンジャー、カストディアン間でのやりとりをスムーズにする。

SGXの債券部門のヘッドであるリー・ベン・ホン氏は、HSBCとテマセクとの連携で、スマートコントラクトや分散型台帳技術(DLT)が債券市場の課題を解決できるのか精査できると述べている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン