香港のビットコイン億万長者 仮想通貨マイニング詐欺で逮捕|過去には”現金バラ撒き”実況でお騒がせ

昨年12月、香港の高層ビルから現金をばら撒きフェイスブックでライブ配信したビットコイン億万長者が、仮想通貨マイニング詐欺で逮捕された。香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)紙が2月28日に伝えた

コンピュータ犯罪や有価証券偽造などを取り締まる香港警察・商業罪案調查科の署員によって逮捕されたのは、25歳のビットコイン億万長者ウォン・チンキット氏と20歳の同僚。彼らは、投資家に対する仮想通貨マイニングマシン販売詐欺の疑いで拘留されているという。詳細は明らかになっていない。

2019年1月に報じたように、チンキット氏は、仮想通貨「ファイルコイン(Filecoin)」マイニングマシンを販売した際、3ヵ月程度で利益が出ると多くの投資家を誤解させたと告発されている。SCMPの報道によると、詐欺疑惑の影響を受けた人々を支援していた民主党は、2018年10月以来20件以上の苦情を受けたと明かしたという。被害総額は約300万香港ドル(約4270万円)にのぼり、一部投資家は全額返金を要求していた。

多数の苦情を受けて、香港警察はチンキット氏のマネー・ロンダリング疑惑を含めその活動を調査することを約束。一方でチンキット氏は、さも殺人を犯したかのように扱われていると告発を否定した。

香港のシャム・シュイ・ポー地区において、チンキット氏が2018年12月に行った現金のばら撒きは、宣伝活動の一環とされている。

チンキット氏は、高層ビルの屋上から6000香港ドル(約8万5000円)の紙幣をばら撒き、フェイスブック上でライブ配信を行った。この時、公の場での無秩序な行為で逮捕された後保釈された。