ブロックチェーンプラットフォームのナルスがハッキング被害、NULSトークンが不正流出【ニュース】

ブロックチェーンプラットフォームのナルス(Nuls)は、ハッキングにより、ナルス(NULS)トークン48万ドル(約5200万円)相当が流出した。12月22日にツイッターにで通知された。

ナルスは、200万個のトークンが移動されたのを検知したとし、そのうち54万8354トークン(約13万1600ドル=約1400万円)が取引市場に出され、追跡できない状態だと述べている。

ナルスは、ブロック高さ8万7800でのハードフォークの実施を決定した。コミュニティメンバーの損失を回避する手段になるとしている。

「ハードフォークの後、取引市場に出されていない残りの1451645.65303905ナルスは、市場に流れるのを回避する目的で、永久凍結で破壊される」

ナルスは、ノード所有者に対し、アップグレードが必須で、早急に対応するよう通知した。

また、ハッカーらはナルス2.2バージョンのセキュリティの脆弱性につけこんだとされ、その脆弱性は現在修正されたとしている。すべての関連仮想通貨取引所にも通知され、ナルスのチームとともに対応していると述べている。

今回盗まれたトークンは、供給量全体7300万超のわずか2%ナルス価格への影響はほとんどないと見られる。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン