ドイツ政府、ステーブルコインに対抗するブロックチェーン戦略を正式決定 フェイスブックの独自仮想通貨への反対根強く

ドイツ政府は、フェイスブックの独自仮想通貨リブラをはじめとするステーブルコインに対抗する考えを正式に打ち出した。

ロイターの18日の報道によれば、ドイツ政府は18日に新しいブロックチェーン戦略を決定した。このブロックチェーン戦略では、「並行通貨(parallel currency)」を発行しようとする企業と対決する姿勢を打ち出しているという。

ロイターによれば、ドイツのショルツ財務相は「消費者と国家主権を保護しなければならない」とし、「国家主権の核となる要素は通貨の発行だ。この仕事を民間企業に任せるわけにはいかない」と述べた。

ドイツ政府は、今回決定したブロックチェーン戦略に沿って、ステーブルコインが代替通貨にならないよう欧州諸国と緊密に連携していくという。

ショルツ財務相は17日、ベルリンで開かれたパネルディスカッションの中で、リブラについて「はっきりと拒否すべきだ」とも発言していた

【関連記事:ドイツ財務相「リブラを受け入れるべきではない」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版