インドが仮想通貨を禁止したら1兆円超の損失、専門家が試算

仮想通貨リサーチ企業クレバコ・グローバルのシドハース・ソガニCEOは、もし仮想通貨を禁止にしたらインドは129億ドル(約1兆3500億円)相当のマーケットを失うことになるという試算を発表した。AMBクリプトが8日に報じた。現在インドの仮想通貨規制には不透明感が漂っている。

クレバコによると、49億ドル分がホワイトペーパーやビジネスプランから示された金額で、21億ドルが専門のブロックチェーンプログラマー、12億7000万ドルがコンテンツ・クリエーター、45億ドルその他の仕事が生み出す金額になる。

ただ、ソガニ氏はインドが全面的に仮想通貨を禁止するとは考えていない。

「(インド政府は)規制しなければならないだろう。もし規制しなければ、人口13億人に対してどうやって禁止を実施するというのだ」

先月末、インド政府の専門家委員会がインド国内で仮想通貨を全面的に禁止するよう政府に提案したと報じられた。ただ、インドで仮想通貨規制に関する話は二転三転しており、不透明な状況が続いている

【関連記事:インド政府の専門家委員会、仮想通貨全面禁止を提案 取引やマイニングに対して罰金や懲役刑も

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版