ソニー子会社や日本のグローバルブレイン、ドイツの仮想通貨企業に出資 将来的に協業の可能性も

ドイツの仮想通貨企業ビットワラ(Bitwala)は、1300万ユーロ(約16億円)を調達した。7月31日にプレスリリースで発表した。同社は、ビットコインウォレットと取引機能を統合した無料の口座を提供し、仮想通貨の「銀行」を目指している企業だ。欧州の31ヵ国に顧客がいるという。

今回の資金調達では、ソニーフィナンシャルベンチャーズ日本のグローバルブレイン、英投資会社NKBグループなどが率いる国際投資コンソーシアムが投資を行った。調達資金の半分は、アーリーバード・ベンチャーキャピタルからのものだという。

ソニーとの協業も「見据えつつ」

ビットワラの発表によれば、ソニーフィナンシャルベンチャーズとしては、最初の仮想通貨企業への出資になるという。

ビットワラはベルリンを拠点に欧州で事業展開をしている。今回、ソニーフィナンシャルベンチャーズやグローバルブレインという日本のVCが参加したことで、将来的には日本やアジアで事業を展開する可能性もあるだろう。ビットワラは「グローバル展開のパートナーとして」、ソニーやグローバルブレインが投資に参加したと説明している。

またグローバルブレインは発表の中で、「ソニーフィナンシャルグループとの将来的な協業も見据えつつ」、事業開発や経営戦略面などでサポートを行っていくとしている。

ビットワラは、口座内の預金を10万ユーロ(1200万円)まで保証し、ビットコインはマルチシグネチャウォレットで保管。ハッキングに対する脆弱性といった単一障害点を持つことを回避するとしている。

ビットワラの共同創設者でチーフコンプライアンスオフィサーのジャン・ゴスリキ氏は、以下のように述べた。

「我々は、だれもできると思わなかったことをするためにビットワラを始めた。ビットコインと従来の金融システムをつなぎ、かつ、ドイツの厳しい銀行規制の要件を満たすという」

 

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版