仮想通貨カストディのビットゴー、コールドウォレットを介した清算・決済を開始

仮想通貨カストディ(資産管理)を手がける「ビットゴー(BitGo)」は、仮想通貨をコールドウォレットから引き出すことなく清算および決済を行えるサービスの開始を発表した。5月14日の同社プレスリリースにおいて明らかにした

発表によると、同サービスは、金融規制当局から信託会社として認可を受けた仮想通貨取引所「ビットゴー・トラスト・カンパニー」の顧客に対して提供を行う。顧客は、預けている仮想通貨をコールドウォレットから引き出すことなく、法規制に準拠しつつ、セキュリティ上安全な決済が迅速に行えるという。また取引中も、仮想通貨をコールドウォレットから出さずにロックするため、顧客は取引先リスクを排除できると説明した。

「従来の仮想通貨取引では、当事者がすべてリスクを負い、取引相手の誠意を頼りに行動する必要があった。これは機関投資家にとって現実的ではない。」

またビットゴーは、セキュリティ上のメリットとして、仮想通貨が常にコールドウォレット上にあり、移動させる必要がない点を強調。仮想通貨は、決済を完了した後にブロックチェーン上に戻されると説明した。

【関連記事:仮想通貨カストディのビットゴーがOTC取引大手のジェネシスと提携 | コールドストレージから直接売買

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版