歩くだけで仮想通貨がもらえるアプリ、中国当局が詐欺の疑いで調査中【ニュース】

1日4000歩歩くことを45日間続けると仮想通貨がもらえるフィットネスアプリ「Qubu」が金融詐欺にあたるとして、中国の規制当局が調査している。KrASIAが17日に報じた。

Qubuは45日間続けたユーザーに15「キャンディー」を付与。このキャンディーを貯めることで独自仮想通貨GHTと交換できる。キャンディーはより高い報酬をもらえる機能をアンロックしたり、現金と交換したりすることもできるという。

また、Qubuでは新規ユーザーを勧誘することで仮想通貨が付与される仕組みになっており、これがポンジスキームに当たるとみなされた模様だ。現在、中国湖南省の長沙の規制当局が調査している。

Qubuには今年12月までに9500万人のユーザーがいるとされている。KrASIAはこの数字が事実だとすると、中国のモバイルユーザーの10人に1人がQubuに登録されていることになるとして数値には疑問視している。

報道によると、Qubuアプリ内では現金で仮想通貨を購入することができるが、手数料が25~50%必要になるという。Candiesはすでに10億発行され、ユーザーはこの独自仮想通貨を購入するために数百万人民元を費やしている。

 

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン