ビットコイン、7000ドル割る 仮想通貨市場は弱気モードか

 ビットコインは5日、7000ドルを下回った。伝統的な株式市場が第2四半期を弱い動きでスタートしたのに続くものだ。

 BTCは現在、約6811ドルで取引されており、記事公開時点までの過去24時間で約4%下落している。今週、BTCの価格は7000ドル台を維持していた。今日の下落は、日本韓国を巡る規制のニュース、米国のフィンテック企業が米証券取引委員会(SEC)の調査を受けたことなどが影響したと思われる。

Chart

 イーサリアムは400ドルを割り込んだままだ。現在は382ドルで取引されており、過去24時間で0.5%の下落だ。

Chart

 コインマーケットキャップに掲載されている上位10コインのうち、10%以上下落したものはない。以前にBTCが7000ドルを割り込んだ時のような急落とは性質が異なることを示している。

 現在コインマーケットキャップで12位となっているアルトコイン、トロン(TRON)は29%の上昇だった。現在は約0.04ドルで取引されている。トロンの高騰は、3月30日にトロンのテストネットが立ち上がったのと、韓国の仮想通貨取引所ビッサムとユービットにトロンが上場するというニュースが影響したと思われる。

 現在の時価総額は約2570億円で、4月3日につけた2830億ドルからは下落している。

Chart

  • フォローはこちら: