ブロックチェーンを使ったハースストーンのコンテスト、数日以内に開催

 「ゲーマーとeスポーツファンのための世界初の分散型ストリーミングプラットフォーム」を自称する企業が、今後数日中にバーチャル・ハースストーン・トーナメントを開催する準備を進めている。

 Play2Liveによれば、これはブロックチェーン技術に支えられた史上初のハースストーン・コンテストであり、同社プラットフォームが提供する「次世代のストリーミング・インタラクティビティ」であるという。

 このトーナメントには8人のプレイヤーが招待されており、その中にはプロのプレイヤーや人気のストリーマーも含まれる。準々決勝は23日午前12時(GMT)開始、翌24日に準決勝と敗者同士による3位決定戦が行われ、勝者は25日の優勝決定戦へと駒を進める。トーナメントの様子は全てP2L.TVで放送される予定で、英語とロシア語による魅力的なeスポーツ実況中継も行われる。

 今回のトーナメントは、Play2Liveの開催する最新のイベントだ。2月に行われた「カウンターストライク:グローバルオフェンシブ」トーナメントでは、世界中から集まったトップクラスの8チームが、10万ドル(約1095万円)相当の優勝賞金200万レベルアップコイン(LUC)を賭けて競い合った。16種類の言語で行われたこのトーナメントの放送は、合計95万人以上の視聴者を引き付けた。同社は最新のeスポーツイベントでも、前回の成功が生かされることを願っている。

Play2LiveのMVP 3.0がリリース

 同社の開発チームはこれまで常に、最低限の数の有望な製品だけを手がけてきた。そして新たにリリースされるMVPのアップデート版は、18年第3四半期までにリリースが予定されている、同社プラットフォームの「本格的なベータ版」の地ならしになると期待されている。

 Play2Liveにより公表された最新機能のいくつかには、ERC20準拠のどの仮想通貨ウォレットからでも、LUCトークンを補充できる機能や、強化されたプラットフォームのインターフェースが含まれる。また、通知や寄付、購入の機能が改善されたほか、チャット抑制メカニズムが不適切なユーザーの利用停止を可能にする。

 ゆくゆくは、エコシステムのユーザーに15種類の収入源を提供したいと、Play2Liveは考えている。これは、ストリーミング業界で現在トップに立っているリーダーたちが、利用可能な収入源の数の3倍にあたる。同社によれば、ストリーマーたちは自分自身で、11種類の方法により、自らのコンテンツをマネタイズする能力を持つことになるという。これは、既存プラットフォームで提供されている4~5種類の選択肢とは、大違いの数である。

いくつかの取引所と「仮契約」

 Play2Liveのアレクシー・ブルディコ創業者兼CEOは、同社がコインベネやヨビットを含む多くの取引所と、仮契約を交わしたことを認めた。これは、同社が独自のブロックチェーンインフラ「レベルアップチェーン」の、開発と試験を継続することを示している。

 ブルディコ氏はコインテレグラフに対し、「18年5月21日より、世界で最も信頼できる仮想通貨取引所の1つHitBTCで、当社のトークンも取引されるようになる」と語った。

「Play2Liveエコシステムとレベルアップチェーンのさらなる発展を確実にするため、ユーザーはその他の信頼と定評のある仮想通貨取引所プラットフォームでも、LUCトークンを取引する機会が与えられる」

 コインテレグラフが先日報じた通り、P2Lはレベルアップチェーン最大の利点の1つとして、事実上上限のない回線容量をユーザーに提供できる能力を指摘する。ゆくゆくは、メインネットワークで1秒間に500トランザクションをサポートできるようにしたいと、同社は考えている。

 Play2Liveは将来に向けて、ビッグプランを持っている。来年第1四半期までに、同社はそのプラットフォームへ、500万人以上のユーザーを迎え入れたいと考えている。この目標は、有名なストリーマーやeスポーツトーナメント主催者との提携関係を発展させることにより、達成されると同社は話す。

 Play2Liveのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)は3月に成功裏に終了した。同社経営陣は、3000万ドルのハードキャップ(調達上限額)の達成が公表されている。

 

免責事項 :コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は入手可能な全ての重要情報を提供することを目的にしているが、読者は当記事の企業に関連したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の判断については全責任を負わなければならない。また、当記事を投資アドバイスとみなすことはできない。

  • フォローはこちら: