”ビットコインでなくブロックチェーン”集団は「裸の王様」を見ているのか? 仮想通貨の専門家に聞く【独自】

2018年の仮想通貨”冬の時代”には「ビットコインは支持しないけど、ブロックチェーンは支持する」と言った声が国内外で広がった。高すぎるボラティリティ(変動幅)、相次ぐハッキング事件、ICO詐欺…仮想通貨のイメージが悪くなる中、「我々の事業は仮想通貨ではなくブロックチェーンである」と強調し、実証実験に走った企業も多い。

だが、2019年の現在、「ビットコインではなく、ブロックチェーン(”Blockchain, not Bitcoin”)」集団の勢いに陰りが出てきている兆候も見られる。今年のブロックチェーンへの投資が60%減少するという報道があったほか、相場回復で勢いに乗るビットコイン強気派が反撃を開始。ジミー・ソン氏は、ブロックチェーンという「解決策(solution)」が「問題(problem)」を探して漂う本末転倒な「エラー状態」が続いていると指摘。「ビットコインではなく、ブロックチェーン」集団は、「裸の王様」の家来のように「衣服を見ているふりをしている」と痛烈に批判した。

日本では、10月にブロックチェーンウィークの開催が予定されている。仮想通貨とブロックチェーンを分けて考えることに意味はあるのか?もしあるとしたら、何を基準にブロックチェーンのプロジェクトを見極めれば良いのか?相場も落ち着いている現在、整理をした方が良いかもしれない。コインテレグラフ日本版は3人の専門家に話を聞いた。

マネーとブロックチェーン

「それって、本当にブロックチェーンが必要?」長年のビットコイン支持者の多くがよく口にする疑問だ。

ビットコイン技術の開発を手がけるブロックストリーム(Blockstream)社の最高戦略責任者(CSO)であるサムソン・モウ氏は、「すぐに『ブロックチェーン