仮想通貨取引所ビットトレックスがユーロ建の取扱開始へ、米国ユーザーの取引手数料は値下げ

米仮想通貨取引所のビットトレックスは6月12日、ユーロ建の取引を開始すると発表した。同時に米国拠点のユーザーの取引手数料の値下げも発表した。

ビットトレックスは、今夏後半にもユーロでの取引を開始する予定で、欧州で初めて法定通貨取引が可能となるとしている。

米ドル市場での手数料値下げは、7月3日までのプロモーションの一環で、メイカー手数料が0%とテイカー手数料0.15%となる。ビットトレックスまたはビットトレックスインターナショナルに口座を開設してから合計で3万ドル(約330万円)以上の取引量がある口座には自動的にプロモーション価格の手数料が適応される。

ビットトレックスは、米国ユーザーを対象に、今月21日から32のコインの取引を中止すると発表している。今年1月にはOTC(店頭)取引を始めると発表していた。

【関連記事:仮想通貨取引所ビットトレックス、米国ユーザーを対象に32のコインの取引中止へ
【関連記事:仮想通貨取引所ビットトレックスもOTC参入 | ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)など200種類の取引可能


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版