調整続く仮想通貨ビットコイン「今は待つとき」|強気相場続くとの声も【仮想通貨相場】

23日の仮想通貨ビットコインは前日から変わらずもみ合いを続け、8500ドル台を推移している。ここ数日横ばいが続く仮想通貨相場だが、アナリストの間では近く大きな動きがあると指摘する声もある。

coin360

(出稿:Coin360 1月23日午前11時30分)仮想通貨アナリストのElixium氏は最近の値動きは弱気の様相を見せているが、横ばい推移が続いていることから次は大きな動きになると指摘。「今取引をするよりも待つ方がいいだろう」と予想した

 

 

待った場合に次は強気相場になるのだろうか。

ヘッジアイ・リスク・マネジメントCEOのキース・マカロー氏は調整が続いていることから、ツイッターで「ビットコインは強気トレンドのままだ」と予想。

マカロー氏はこれまでにもトム・リー氏が10万ドルまで上昇する可能性があると発言したことを非難するなど、ビットコイン肯定派ではないが、現在の局面は強気を示していると考えているようだ。

 

【関連記事:保ち合い相場続く 上昇トレンド再開の条件は? 仮想通貨ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)のテクニカル分析

【関連記事:ブロックファイ CEOが予想する、今年仮想通貨ビットコインが強気相場である理由とは

【関連記事:強気派がビットコイン8600ドルで死守、CMEギャップも意識か

【関連記事:ビットコインが100万円回復 11月8日以来で初めて

【関連記事:ビットコインを買うなら何曜日? データ分析でわかった仮想通貨相場の「曜日効果」

【関連記事:「ビットコイン、機関投資家の参入進む」 トム・リー氏が強気予測