仮想通貨ビットコインの下落は「強気派を疲弊させるまで」米著名アナリスト、半減期無視の予測【価格予想】

著名テクニカルアナリストのピーター・ブラント氏が、ビットコインは5500ドルまで1回下がってから回復することになると警告した

ブラント氏は、「5500ドルは現在の安値からあまり遠くないが、サプライズ要因は低迷期の長さだ」と指摘。「2020年7月頃に安値をつけるだろう。その時、価格調整よりも早く強気派を疲弊させるだろう」と述べた。

今年の夏頃にブラント氏は、「5万ドルまで上昇する前に5500ドルまで下がる」と予想していた

もしブラント氏の予想が正しければ、来年の半減期の効果が見込めないことになる。

ビットコインの半減期は来年5月に推定されており、需給の関係が変わることから、上昇圧力になるという見方も出ている。

【関連記事:デッド・キャット・バウンスなのか?ビットコイン5万ドルまで「長い旅」|XRP(リップル)は0.19ドル意識の声

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン