仮想通貨取引所プライムXBT、ビットフューリーと提携 マネロン対策強化など目指す

仮想通貨取引所プライムXBTは、マネーロンダリング対策などセキュリティ強化を目的とし、ビットコインマイニング企業ビットフューリーと提携した。9月9日にプレスリリースを発表した。

プライムXBTはセイシェルで登記されている仮想通貨取引所。同社は、ビットフューリーのブロックチェーン解析と仮想通貨コンプライアンスソフトウェア「クリスタル」を使用する予定。これらを導入することで、アンチマネーロンダリングやテロへの資金供与への対策を強化できると期待している。顧客へのセキュリティも強化できるとし、同社は以下のように述べている。

「我々は、グローバル金融コミュニティで責任を負うメンバーとして、我々の顧客のプライバシーを犠牲にすることなく、マネーロンダリングを排除するという重要だが課題が多いタスクに立ち向かう」

プライムXBTは、クリスタルを使用することで、すべての手順がグローバルな基準に準拠することを確認できるとしている。ビットフューリーが開発したアルゴリズムで、同取引所へのすべての入金に対し、リスク点数を割り当て、資産が犯罪がらみだと紐づけられた場合は、ブロックチェーン解析で警告を発する。

ビットフューリーは先月AI(人工知能)部門を立ち上げた。大量に取得したデータ分析の効率化を図るとしていた。

【関連記事:仮想通貨のユニコーン企業ビットフューリー、AI部門立ち上げ

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版