7月11日 人気仮想通貨10種のテクニカル分析!

 ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いします。市場データはHitBTCから提供されています。

 底固めのプロセス中、レンジ内での上げ下げが続いた。これは上抜け、もしくは下抜けの内なるエネルギーを蓄える過程だ。サスケハナのデジタル資産部門代表のバート・スミス氏は、CNBCのインタビューで、多くの投資家が、ビットコインが5000ドルになって参入する機会を伺っていると話した。

 ビットコインの弱気派で、アンブロシノ・ブラザーズのアナリストであるトッド・コルビン氏は、洗練された投資家はビットコインが5000ドルになった時に参入すると確信している。

 現在の仮想通貨市場の下落は、強気の見方をする投資家の息を挫いていない。そのうちの一人はファンドストラット社のトム・リー氏だ。ビットコインが年末までにビットコイン が2万5000ドルを超えるという予想を現在まで持ち続けている。

 別のビットコイン強気派は、仮想通貨ウォレットを提供するTenXのジュリアン・ホップ社長だ。年末までに、6万ドルになると予想している。我々も同様に強気であり、仮想通貨は底固めのプロセスにあると信じている。しかし、ターゲットが抑えれなくても、長期投資家はこの急落を使い、主要なコインをポートフォリオに入れるべきだ。さて、今買うべきコインを見てみよう!

BTC/USD

 ビットコイン は9日、直上のレジスタンスである6953.38ドルから20日EMA下まで下落した。現在の下落が6250ドルで止まらなければ、逆三尊パターンを形成する可能性が高まる。

BTC/USD

 6953.38ドルを上抜け、終値(世界標準時)まで保てたら、ビットコインは勢いを得るだろう。この動きによるパターンターゲットは7996.11ドルだ。BTC/USDペアがダウントレンドラインを上抜けたら、そのまま8560ドル、1万ドルまで上昇するかもしれない。

 反対に、6250ドルを下抜けたら、6075ドルへの下落もありえる。その下は5900ドルで、次のサポートは5450ドルになる。それゆえ、6650ドルで建てたロングポジションは、ストップを5900ドルで維持しよう。

ETH/USD

 イーサリアムは7日、20日EMAを上抜けた後、より上昇することが出来なかった。このせいで売りを招き、20日EMAと450.1ドルのサポートを下抜けた。

ETH/USD

 次のサポートは404.99ドルだ。これを下抜けたら、ETH/USDペアはクリティカルサポートの358ドルへの下落もありえる。イーサリアムは500ドルを超えたら勢いを得るだろう。この上抜けを待ってから買いのアドバイスをすることにしよう。

XRP/USD

 リップルは弱気が優勢だ。0.45351ドルを再び下抜けた。次のサポートは0.4242ドルにあり、これを下抜けたら、0.24001ドルまで主要なサポートがない。

XRP/USD

 上昇局面では、20日EMAが強いレジスタンスにある。この上のレジスタンスは0.52ドルにある。XRP/USDペアは0.56ドル上を維持出来たら、上昇していく可能性がある。それまでのプルバックは売りを招くだろう。トレンドが変わってからポジションを建てよう。

BCH/USD

 ビットコインキャッシュは20日EMAを上抜け損ねた後、下降している。現在は700ドルレベルのサポートで取引されている。このレベルを下抜ければ、ビットコインキャッシュは657.8ドル、そして619.7510ドルまで下落する可能性がある。

BCH/USD

 上昇局面では、BCH/USDペアは20日EMA上で勢いを得るだろう。しかし、楽観的になれるのは850ドル上を4時間維持できてからだ。このペアは歴史的にみて垂直にラリーする傾向がある。トレンドが変化した兆しが現れてからポジションを建てるのを勧める。

EOS/USD

 イオスは上昇局面に行くまで狭いレンジでの取引になると予想した。しかしこの予想は間違っていた。イオスはこのレンジを下抜け、クリティカルサポートの6.8926ドルまで急落した。

EOS/USD

 EOS/USDペアが6.89ドル下を維持した場合、5.961ドルまで下落しうる。このレベルを下抜けたら、次のサポートは5.1801ドルになる。上昇局面では、20日EMAとダウントレンドライン上を維持できた時に勢いを得る。9.5ドルを上抜けた時にロングを建てることにしよう。

LTC/USD

 ライトコインは8日、再び下降チャネルに入った。そして10日には日中安値が76.450ドルにまで下落した。これはライトコインが74ドルを下抜けたら、深く下落する傾向があることを示している。

LTC/USD

 LTC/USDペアへの弱気の見方は、92ドルを上抜けた時、短期的には無効になる。しかし、上昇局面では102〜107ドルのゾーンが強いレジスタンスになるだろう。ロングを勧めるのはもう少し待つことにしよう。

ADA/USD

 カルダノは7日間に渡り20日EMAを上抜け損ねている。現在は0.111843〜0.13ドルのゾーンを下抜けようとしている。このゾーンを下抜ければ、次のサポートの0.0782ドルまで下落する可能性がある。

ADA/USD

 このサポートゾーンを維持できた場合は、ADA/USDペアは20日EMAを再び上抜ける動きになるだろう。0.162ドル上を数日間維持できた時、初めてカルダノは楽観的になれる。それまでは、ポジションを建てるようを待つとしよう。

XLM/USD

 ステラは20日EMA上で勢いを得られなかった。結果として、そのまま0.184ドルまで下落した。

XLM/USD

 昨年12月14日以降、0.184ドルを下抜けていない。これが意味するのは、これレベルは買うに値するということだ。また、 RSIにおいてポジティブダイバージェンスが発達している。

 XLM/USDペアは7月3日の日中高値上を維持できた時、買いが集まるだろう。それゆえ、0.225ドル付近で終値をつけた後、買うことを勧める。

IOTA/USD

 IOTAは0.9150ドルにあるクリティカルサポートから上昇しようとしている。このラインは大きいレンジの底である可能性がある。

IOTA/USD

 上昇局面では、IOTA/USDペアは20日EMAとダウントレンドラインでレジスタンスに直面するだろう。我々が勧めたロングは赤字を出し、1.25ドルを上抜けた時に初めてこれを脱することができると予想した。6月24日安値を下抜けた時、この大きいレンジでの予想は無効になる。それゆえ、0.8850ドル下で価格が維持された場合、ポジションを閉じて欲しい。

TRX/USD

 トロンは0.022806ドルにあるサポートに向かって下落を続けており、弱気に見える。最近の反発では、20日EMAにすら届かず、買いへの意欲が低いことを示している。

TRX/USD

 0.03275ドル下では、TRX/USDペアは0.028ドルまで下落するかもしれない。0.0228〜0.028ドルのゾーンでは長期保有者による買いがあるだろう。

 トレンドが変わる最初のサインは、20日EMAとダウントレンドラインを上抜け維持できた時だ。RSIのポジティブダイバージェンスは好ましいが、ポジションを構築するのは底固めを見てからにしよう。

 

  • フォローはこちら: