5月18日 仮想通貨チャート分析:ビットコイン イーサ ビットコインキャッシュ リップル ステラ ライトコイン カルダノ IOTA EOS

ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いいたします。市場データはHitBTCから提供されています。

 ニューヨークで開催された仮想通貨カンファレンス「コンセンサス」が閉会した。ビットコインの上昇が期待されたが、そのようなことはなかった。価格は、コンセンサスの開催中に下落し始めた。

(トム・リー氏:コンセンサス2018によるラリーは起こらなかった。とても残念だ。いま私たちに必要なことは3つの前進だ。(i) 制度的なカストディ(管理)/ツール、(ii) 銀行/投資マネージャーによる買い付け、(iii) 規制の明確化(3つのすべてが必要だ)、しかし、我々はすでに(i)と(ii)で前進している。詳細は次の画像を見て欲しい)

 仮想通貨が昨年の巨額の利益を確固たるものとして、ファンダメンタルズが追いつくことができるようになるようにするのが良いだろう。いまのレンジでの値動きが長期に及ぶかもしれないが、ブレイクアウトはより強いもになるだろう。

 アップル共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏は、ブロックチェーン技術とビットコインは今後10年以内に本当の可能性を発揮するだろうと発言した。しかし、多くの仮想通貨愛好者たちがこの技術をメインストリームにしようとしている。技術の受容はもっと早いものになるだろう

 仮想通貨は新しい資産クラスであり、詐欺となるような案件も潜んでいるだろう。ウォール・ストリート・ジャーナルの調査によれば、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の18.6%が「紛らわしい、詐欺的な戦術」を取っているという。これが、なぜ投資家がデュー・デリジェンスすることなしに、欲望の赴くままに行動してはいけない理由だ。

 それでは、リスクの低い買いの機会があるかどう見てみよう。

BTC/USD

 ビットコインは買い手を引き付けることに失敗している。BTCは下落し、重要なサポートである7,941.68ドル近くにある。もしこのレベルを下抜ければ、BTCは7000ドルまで急落するだろう。50日間SMAはフラットになっており、20日間EMAは下向きになっており、弱気のクロスオーバーへと向かっている。これはネガティブな展開だ。

BTC

 もし7,941.68ドルのサポートを維持できれば、強気筋は相場を戻そうとするだろう。その際、移動平均線がレジスタンスとなるだろう。

 BTC/USDが20日間EMAを抜け出すことができれば、価格は以前のレンジに戻るだろう。いまだサポートからの戻りがないため、買いの提案は控える。

ETH/USD

 イーサリアムは、他の仮想通貨よりも良いパフォーマンスを示し続けている。価格は、50日間SMAの上にあり、20日間EMAの真下に位置している。ETHは、ネックラインのヘッド&ショルダーのパターンを保持しようとしている。このパターンは、ブレイクダウンしてネックラインに近付けば完成するだろう。下値のターゲットは418ドルだ。

ETH

 50日間SMAはまだ上昇しており、20日間EMAはフラットだ。ETH/USDが418ドルまですぐに下落するとはみていない。

 50日間SMAが強力なサポートになると期待している。これは363ドルから838ドルまでのラリーの50%レトレースメントレベルにあたる。

 最初の強気のサインは、745ドルのレベルを突破することだ。それまでは、値を戻そうとする試みは強力なレジスタンスに直面するだろう。

BCH/USD

 ビットコインキャッシュは、ヘッド&ショルダーのパターンを完成させた。下値のターゲットは650ドルとなるだろう。現在、BCHは50日間SMA付近にある。これがサポートの役割を果たしており、弱気なヘッド&ショルダーのネックラインから値戻しする可能性がある。強気筋がネックラインの上にスケールすることができなければ、ブレイクダウンする可能性が増すことになる。

BCH

 BCH/USDが4月18日の777.5304ドルから24日に1,590.7825ドルまで垂直的に上昇したため、800ドルから1,130ドルまでの間にサポートが存在しない。50日間SMAを下回れば、BCHは800ドルのレベルまで下がる可能性がある。そこであれば、買いが期待できるだろう。

 買いを入れるまえに価格が安定するまで待つべきだろう。落ちるナイフを掴むのは危険だ。

XRP/USD

 リップルは5月12日の安値0.632ドルを維持しているが、このレベルにおいても買い手を見つけることができず、弱気な動きだ。重要なサポートである0.56270ドルのレベルまで落ち込む可能性もある。

XRP

 上昇があるならば、強気筋は50日間SMAと0.76ドルの間のレジスタンスゾーンを突破しようとするだろう。

 ロングポジションを取る前に、XRP/USDが何かしらの相場の強さを示すまで待った方がいいだろう。

XLM/USD

 ステラはいくつかの重要なサポートを下回っており、ステラはヘッド&ショルダーのネックラインのパターン上にある。ネックラインを下回れば、パターンが完成し、下値のターゲットは0.2ドルになる。

XLM

 ネックラインのサポートを維持できたとしても、強気筋にとって値戻しは厳しい道になるだろう。XLM/USDは、50日間SMAと20日間EMAのレジスタンスに直面することになるからだ。

 強気の最初のサインは、5月12日の高値である0.38692920ドルを突破することだろう。価格が長期間にわたって移動平均線を下回れば、それだけ弱気な動きになるだろう。従って、いまはトレードを提案しない。

LTC/USD

 ライトコインは過去3日間、50日間SMAを下回って取引されている。現在の安レベルであっても、買い手を欠いているということを示すものだろう。強気筋は127ドルのレベルを維持しようとしている。もしこのレベルをブレイクすれば、115ドルのレベルまで下落する可能性がある。

LTC

 上昇があるならば、50日間SMAか20日間EMAへ値戻しがあれば、売りを呼ぶことになるだろう。継続的な買いが現れるまでは、LTC/USDについて弱気な見方を維持したい。

 170ドルをブレイクし、上回らなければ、トレンドが変わることはないだろう。もしライトコインが115ドルのレベルまで落ち、その状態のままであれば、買いのリスクを取るべきだろう。

ADA/BTC

 カルダノはトレンドラインと50日間SMAを下回った。5月12日の安値0.00002870がマイナーなサポートとなっている。もしこのレベルをブレイクすれば、次のサポートは0.000025まで下がる。

ADA

 上昇となるならば、強気筋は50日間SMAと20日間EMAの厳しいレジスタンスに直面にするだろう。この2つのレベルを超えることができれば、最終的なハードルは0.00003445の水平レジスタンスとなるだろう。

 ADA/BTCがこのレベルを上回り、それを維持できれば、相場がポジティブになったとみることができるだろう。それまでは、トレードしない方針を維持しよう。

IOTA/USD

 IOTAは1.63ドルの水平サポートを保持しようとしている。ちょうど50日間SMAの真下に位置する。もしこのサポートが保持できれば、2.2117ドルまで値戻しする可能性がある。しかし20日間SMAと2ドルのレベルがレジスタンスとなる。

IOTA

 もし1.63ドルのサポートを下回ることになれば、IOTA/USDは1.28ドルのレベルまで下落する可能性がある。50日SMAは上向いているが、20日間SMAは下向いている。

 レンジ内で値動きする可能性が高い。ロングポジションを取れるサインが見つかるまで、買いは控えるべきだろう。

EOS/USD

 EOSは過去2日間、50日間SMAを保持しようとしている。最近のラリーでの61.8%フィボナッチリトレースメントレベルの近くにもある。17日の値戻しの動きは、20日間EMA近くでの売りの圧力に直面した。

EOS

 EOS/USDは、ブレイクアウトするにせよブレイクダウンするにせよ、数日間は50日間SMAと20日間EMAの間で値動きがあるだろう。

 下降局面でのサポートは10ドルのレベル、レジスタンスは14ドルだ。下降チャンネルを上回る状態を維持できれば、買いの機会を探るべきだろう。