アップル共同設立者スティーブ・ウォズニアック、初めて仮想通貨を称賛

 アップルの共同設立者スティーブ・ウォズニアック氏が、初めて仮想通貨とブロックチェーンについて前向きなコメントを述べた。

 コインテレグラフ・ドイツ版によると、オーストリアで開催されたデベロッパー会議で、ウォズニアック氏はブロックチェーンを素晴らしいアイデアと称賛した。

「ブロックチェーンは起こりつつある次のIT革命だ」

 多くの分野で有用なブロックチェーンアプリが登場していることから、同氏は前向きに評価したという。10年以内に仮想通貨とブロックチェーンはポテンシャルを完全に発揮するとの考えを述べ、ツイッターの共同創設者ジャック・ドーシーCEOについても触れた。ドーシー氏は3月、ビットコインは世界の単一通貨になると述べている。

 昨年10月、ラスベガスで開催されたマネー20/20の会議では、同氏はビットコインはゴールドや米ドルよりは良いと発言していた。ドルやユーロは銀行によって発行されているが、ビットコインには発行上限があることが利点と述べた。

 一方で、同氏は1BTCを残して全てを売却している。理由は価格を常に気にするような投資家にはなりたくなかったからという。