5月9日仮想通貨チャート分析:ビットコイン イーサ ビットコインキャッシュ リップル ステラ ライトコイン カルダノ IOTA EOS

ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いいたします。市場データはHitBTCから提供されています。

 仮想通貨市場の時価総額は、著名投資家のウォーレン・バフェット氏やチャーリー・マーガー氏が仮想通貨を批判した後、下落した。今回はマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏さえもこれに加わり、ビットコインに投資をするのなら空売りすると述べた。しかし彼の意見とは反対に、マイクロソフトはブロックチェーンや仮想通貨をサポートし続けている。
これらの発言は、投資家を遠ざけてしまい、短期的には市場の下落に繋がるかもしれないが、長期的なトレンドには影響しないだろう。これらの下落が数ヶ月のチャートに目立って表れることもないはずだ。

 ニューヨーク証券取引所の親会社インターナショナル・エクスチェンジは顧客がビットコインを買ったり保有したりできるサービスを提供することを検討している。伝統的な投資家は仮想通貨への投資を準備しており、投資金額が増えるのは時間の問題だ。

BTC/USD

 9日、ビットコインは20日EMAと小さなトレンドラインのサポートを下抜けしたが、設定したストップの8900ドルには触れなかった。

BTC/USD

 現在、BTC/USDペアは9000ドル上に反発している。これはポジティブな展開だ。これは買い手が低い価格で喜んで購入することを意味している。この強気は1万ドルへの上昇を試すかもしれない。このレベルは重要なレジスタンスであるため、1万ドルを上抜けた後で、勢いを得るだろう。

 下降局面では、9000ドルを下抜けた場合、50日SMAまでスライドする可能性がある。RSIはネガティブダイバージェンスを形成しており、これは弱気なサインだ。
今はストップを8900ドルで維持し、数日後にこれを高く設定しよう。

ETH/USD

 イーサリアムは購入レベルまで戻った。745ドルを上抜けし、維持するはずだ。これができなかった場合、693ドルにある20日EMAを再び試すことになるだろう。

ETH/USD

 745ドルを上抜ければ、5日高値のETH/USDペアは838ドルに達するだろう。このレベルの上では、900ドル付近への上昇もありえる。ターゲット目標は1130ドルで、一度に一つのレベルをとるべきだ。

 下降局面では、7日安値の685.18ドルへのスライドは弱気のサインとなるかもしれない。それゆえ、ストップを640ドルから680ドルまで上げることを勧める。リスクを下げよう。

BCH/USD

 ビットコインキャッシュは上昇チャネルのサポートを下抜けたため、1500ドルにポジション半分のストップロスを置くという提案が有効になった。残りのストップは1400ドルのまま維持しよう。

BCH/USD

 現在BCH/USDペアはチャネル内に戻り1600ドルを上抜けた。これはポジティブな動きだ。1600ドル上を維持し、6日高値の1849ドルへの上昇も見えてきた。さらに、上昇チャネルのレジスタンスである2000ドルまで届く可能性もある。

 下降局面では、20日EMAを下抜けした場合は弱気のサインとなる。それゆえ、残りのポジションのストップを1400ドルで保持することを勧める。

XRP/USD

 リップルは0.76〜0.93777ドルのレンジ内での取引が続いている。現在、このレンジ下辺からは上にある。このサポートを維持出来れば、このレンジ上方まで値を戻す動きをとるだろう。

 我々はすでにいくらかのオープンポジションを持っており、これは買いレベル近くにある。それゆえ、ロングを勧めるまで数日間待つとしよう。

XRP/USD

 レンジの下抜ければ、XRP/USDペアのパターンターゲットは0.58223ドルとなる。レンジ内では取引はボラティリティが高くなるだろう。

XLM/USD

 ステラは20日EMAを維持しようとしている。もし成功すれば、0.47766719ドルまで上昇し、カップ&ハンドルを形成するだろう。20日EMAを下抜ければ、次のサポートの0.334ドルまで下落する可能性がある。

XLM/USD

 XLM/USDペアは底入れを示している。直上のレジスタンスである0.48ドルを上抜けるまで提案は待つことにする。この上抜けのパターンターゲットは0.8ドルだ。レジスタンスを上抜けられない場合は、数日間はレンジ相場になるだろう。

LTC/USD

 ライトコインは上昇チャネルと20日EMAのサポートを下抜けた。しかし150ドルで買いが戻ったため、現在はチャネル内にある。168ドルまで反発すれば強気の兆候で、6日高値の184.794ドルに達する可能性もある。 

LTC/USD

 LTC/USDペアは直上のレジスタンスを超え損ねた場合、次のサポートである141.026ドルまで下落する可能性がある。現在、望みの高いトレードは期待できそうにないため、まだロングの構築は勧めないでおく。

ADA/BTC

 カルダノはサポートを下抜け、0.00003301まで下落した。ここで買いが戻った。提案したストップロスはカップ&ハンドルのハンドルすぐ下の0.000029レベルにある。

ADA/BTC

 ADA/BTCペアが 0.00003445レベルを即座に上抜けられなかった場合、低くスライドし続けるだろう。現在はトレンドラインをすでに下抜け、水平サポート付近にある。弱気にあるので、ポジション半分のストップを0.000032に、残りを0.000029に引き上げることを勧める。

IOTA/USD

 アイオータは上昇チャネルと7日の20日EMAのサポートを維持した。しかし、2.55ドルで強力なレジスタンスに直面した。現在は水平サポートの2.2117ドルまで下落している。このレベルで維持できれば、買いが強いとみて、チャネルのレジスタンスである2.9ドルまで上昇するだろう。ロングを構築するのはその後だ。

IOTA/USD

 IOTA/USDペアがチャネルと20日EMAを下抜けたら場合、弱気の兆候となる。次の主要なサポートである1.63ドルまで下落するかもしれない。現在は、見込みのある買いのステップはなさそうなので、提案はしないでおく。

EOS/USD

 イオスは過去数日間16〜19.67ドルの間で取引されている。5.9610ドルから23.0290ドルに上昇した後、フィボナッチリトレースメントの38.2%レベル上を維持しているのは良い兆候だ。これは強気筋が決済するのを急いでいないことを意味し、より大きな下落で買うことも期待していない証だ。

EOS/USD

 EOS/USDペアが20ドルレベルを上抜ければ、さらに新たな高値をつけるだろう。一方で、16ドルを下抜ければ、14.495ドルへの下落もありえる。ロングを勧める前に、レンジ相場を抜けるのを待とう。