タイ中央銀行トップがブロックチェーン導入検討を表明、国際送金円滑化や詐欺防止に期待

 タイの中央銀行であるタイ銀行総裁はブロックチェーンをタイ銀行の業務にざまざまな形で取り入れることを検討していると語った。7月12日に行われたブルームバーグ・ASEANビジネスサミットでのスピーチで明らかにした。

 タイ銀行のウィラタイ・サンティプラポップ総裁は、国際送金、サプライチェーンファイナンス業務、文書の認証作業へのブロックチェーン導入を特に検討していると述べた。

 サンティプラポップ総裁は、国際送金にブロックチェーンを導入することで「東南アジア地域での金融面でのコネクティビティを高め、国境を超えたよりスムーズな金融サービスが促進される」だろうと語った。

 さらに、詐欺を防止し金融情報を保護する上でブロックチェーンが重要な役割を果たすとして、次のように述べている。

「生体認証やブロックチェーンといった最新のテクノロジーを取り入れることで、金融情報を保護し、詐欺行為の規模や数を減少させることができるだろう」

 また12日のスピーチで総裁は、タイ銀行で進められている新しい内規の策定が「競争力の向上とイノベーションを促進する」とも述べた。

「業務をよりやりやすくするため、また内規が競争力の向上とイノベーションを妨げ、結果として金融サービスのコストの増加につながることのないよう、タイ銀行は現在、時代に合わなくなった規則や規制を見直し、内規の刷新を進めている」

 タイでは最近、仮想通貨の規制に関する大きな2つの動きがあった。コインテレグラフが3月30日に報じたとおり、同国の財務大臣は仮想通貨に関する新しい課税の枠組みを明らかにした。さらにタイ証券取引委員会は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)に関する新しい規制が7月16日から発効すると表明した。この件もコインテレグラフで先週報じた通りだ。

 タイ銀行総裁は、今回初めてブロックチェーン技術の採用に踏み出したわけではない。コインテレグラフが6月初旬に報じた通り、サンティプラポップ総裁はすでに銀行間送金の円滑化のため、中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の導入の考えも表明している