お金を借りたいけど家族や会社など、周囲にバレるのが怖い。そんな不安を抱えていませんか?

でも、大丈夫です。「在籍確認の電話なし」や「郵送物なし」など、周囲にバレないように借り入れできる環境を整えて大手消費者金融カードローンを利用すれば、誰にも知られる事なくお金を借りられるので安心してください。

この記事では、家族や会社など周囲にバレずにお金を借りられるカードローン5社を紹介するとともに、周囲に知られずに融資を受けるためのポイントや注意点についても解説していきます。

家族や会社にバレずにお金を借りるには?

借金が周囲に知られてしまうのは、以下の5つのシチュエーションであることが多いです。

逆に言うと、以下の5つのシチュエーションが起こらないようにすれば、家族や会社に知られることなく借り入れできるということですね。

職場や自宅への電話連絡

カードローンで発行されたカードを見られる

自宅へ契約書などの郵便物が届く

月々の返済の通帳記録

消費者金融ATMへの出入り

まずは、上記のシチュエーションについてしっかりと確認しておきましょう。

職場や自宅への電話連絡

カードローンの申し込みをすると、申請した内容通りの仕事をしているかを確認するために、審査の段階で必ず電話による在籍確認が行われます。

カードローン側も融資のための電話だと気づかれないように配慮して担当者の個人名を名乗ってくれますが、普段からあまり電話がかかってこないような職場や自宅の場合、どういった内容の電話だったのかを詮索される恐れもあります。

それをきっかけにカードローンの利用がバレるケースもあるので、在籍確認の電話は注意しなければなりません。

したがって、こうした電話による在籍確認に抵抗を感じる場合には、電話連絡なしで審査が完了できるカードローンを選ぶ必要があります。

カードローンで発行されたカードを見られる

カードローンに入会すると、提携ATMの利用時に必要となるカードが発行されます。

そのカードを財布や机の引き出しなどに入れていて、家族などに見られてしまうというケースが非常に多いです。

そこで利用したいのが、昨今ではカードなしで利用できる「カードレス」対応のカードローンです。

「カードレス」対応のカードローンなら、ネットからの申請で振込融資を受けられますし、スマホアプリを使ってATMから直接キャッシングすることもできます。

カードを見られるリスクを避けたい方は、「カードレス」でキャッシングができるカードローンを選びましょう。

自宅へ契約書などの郵便物が届く

カードローン会社から自宅宛に届く郵送物が原因で、カードローンの利用を家族に知られてしまうケースも非常に多いです。

そういった事態を避けるためには、自宅への郵送物なしで利用できるカードローンを選ぶようにしましょう。

カードレスや契約書などの電子交付に対応しているカードローンなら、自宅への郵送物なしで利用できます。

月々の返済の通帳記録

毎月の返済を口座引き落としに設定すれば返済忘れもなく便利ですが、通帳記録を家族に見られてしまい、そこからカードローンの利用がバレてしまうというリスクも否定できません。

特に、夫婦で共通の口座を使用している方は、ほぼバレてしまう思ってください。

こうしたケースを避けるためにも、口座からの自動引落し以外で返済できるカードローンを利用するようにしましょう。

ただし、その場合は毎月ATMから直接返済をする必要があります。返済忘れがないように注意してください。

消費者金融ATMへの出入り

消費者金融ATMへの出入りを知り合いに見られてしまったことが原因で、カードローンの利用を知られてしまうケースも多いです。ご自身の生活圏内に設置してあるATMの利用は、特に注意が必要です。

かといって、自分の生活圏内から離れたATMへ行き、お金を借りるのも非常に時間がかかりますよね。

対策としては、提携先のコンビニATMの利用や振込融資での借り入れがおすすめです。コンビニATMを利用すれば借り入れをしていると思われずに済みますし、振込融資であれば自分の口座からの出金となるので怪しまれることもありません。

ただし、振込融資の場合は自分の口座に記録が残るため、家族に通帳を見られる可能性がある方は、コンビニATMからのキャッシングをおすすめします。

バレずにお金借りたい!おすすめ消費者金融カードローン5社

上記で紹介した「借金がバレてしまう5つのシチュエーション」を防ぐためには、以下の機能に対応したカードローンを利用する必要があります。

・電話連絡なし

・カードレス

・郵送物なし

・スマホ取引可能

まずは、各社の対応を表にしてまとめました。

全ての項目を満たしているのは、SMBCモビットです。

「Web完結」での申し込みが条件となりますが、大手消費者金融系カードローンの中で唯一「電話連絡なし」を公式HPに記載しています。

職場へ電話連絡を避けたい方は、SMBCモビット一択と言えるでしょう。

電話連絡なし!SMBCモビットの「Web完結」はこちら

では、それぞれのカードローンの特徴を順番にご紹介していきます。

SMBCモビット

SMBCモビットのインターネット申し込みは、以下の2種類から選べます。

・Webのみで手続きが完結する「Web完結」

・10秒で簡易仮審査が行える「カード申し込み」

どちらも審査完了まで30分とスピーディーに融資を受けられますが、電話連絡なし・郵送物なし・カード発行なしを実現しているのが「Web完結」です。

公式スマホアプリを利用すればセブン銀行のATMからキャッシングをする事も可能となっており、バレずに借り入れをするための4つの条件全てに対応しているカードローンと言ってよいでしょう。

SMBCモビットの申し込みはこちら

アコム

アコムはカードレスには対応しておらず、カード発行は必ず行われます。

そのため、周囲にバレずにアコムを利用するなら、カードの保管には十分に気をつけてください。

ただし、スマホアプリを利用したキャッシングには対応しており、カードを利用しなくてもセブン銀行のATMから借り入れや返済が行えるため、カードを常に持ち歩く必要はありません。

原則として「電話による在籍確認あり」となっていますが、どうしても職場に電話をかけてほしくない場合は、担当者にその旨を相談してみましょう。場合によっては、書類提出など別の方法で対応してもらえる可能性もあります。

アコムの申し込みはこちら

アイフル

アイフルは、カードレス・郵便物なし・スマホ取引に対応しており、最短30分で審査が完了し融資が受けられます。

Web上で申し込みが完結できる「Web完結」に対応しているため、契約書などが自宅へ郵送される心配はありません。

また、公式スマホアプリを利用してセブン銀行・ローソン銀行、2つのコンビニATMからキャッシング・返済が可能なので、痕跡を残さず借り入れをするのに適していますね。

ただし、原則として「電話による在籍確認あり」となっています。

どうしても職場に電話をかけてほしくない場合は担当者にその旨を相談してみましょう。

場合によっては、書類提出など別の方法で対応してもらえる可能性もあります。

アイフルの申し込みはこちら

プロミス

プロミスは、カードレス・郵便物なし・スマホ取引に対応しており、公式アプリからの申し込み「アプリローン」では、申し込みから1時間で融資まで完了できます。

公式アプリを利用してのキャッシングに特化しており、セブン銀行・ローソン銀行という2つのコンビニを利用できるため、提携ATMを利用したキャッシングが利用しやすいカードローンと言えるでしょう。

公式アプリの操作性も優れています。

ただし、原則として「電話による在籍確認あり」となっています。

どうしても職場に電話をかけてほしくない場合は担当者にその旨を相談してみましょう。

場合によっては、書類提出など別の方法で対応してもらえる可能性もあります。

プロミスからの申し込みはこちら

レイク

レイクは、カードレス・郵便物なし・スマホ取引に対応しており、申し込み後は審査結果が最短15秒で表示され、融資までの時間も最短60分と即日融資の対応にも優れています。

公式スマホアプリを利用すれば、セブン銀行のATMからキャッシングも可能です。

ただし、原則として「電話による在籍確認あり」となっています。

どうしても職場に電話をかけてほしくない場合は担当者にその旨を相談してみましょう。

場合によっては、書類提出など別の方法で対応してもらえる可能性もあります。

レイクの申し込みはこちら

バレずに即日最短でお金を借りやすいのはSMBCモビット

ここまで5つの大手消費者金融カードローンを紹介してきましたが、「周囲に知られずにお金を借りる」ことを最優先するなら、SMBCモビットが最もおすすめです。

今回紹介してきた5社の中で唯一「電話連絡なし」を公式HPにて明記していますし、カードレス・郵送物なし・スマホ取引可能と、バレずに融資を受けるための条件がすべて揃っています。

「Web完結」で申し込みには、指定銀行口座の保有や社会保険証の保有といった条件がありますが、条件を満たしている方は「Web完結」での申し込みが安心です。

SMBCモビットへの申し込みはこちら

大学生でも親に知られずに借りられる?

大手消費者金融カードローンでは「20歳以上である事」「安定した収入がある事」、この2つの条件を満たし、審査を通過する事ができれば、学生でもお金を借りることが可能です。

また、上記でご紹介したカードローンを利用すれば、親や家族にバレる心配もありません。

ただし、「安定した収入」を証明するために継続的にアルバイトをしていることを証明する必要はありますし、社会保険証を発行されていない場合はSMBCモビットの「Web完結」による申し込みはできません。

その場合、バイト先に在籍確認のための電話連絡があることだけは理解しておきましょう。

実家で親と同居している場合は、アコムを利用すると郵送物が送られてくるので注意が必要です。

アコム以外のカードローンは「郵送物なし」に対応しているため、アコム以外のカードローンを選ぶようにしてください。

返済の遅れに注意!自宅へ督促状が届くとバレる可能性大

申し込みや借り入れ方法・返済方法を吟味して周囲にバレにくいカードローンを選んでも、絶対に避けられないのが督促状です。

督促状は、返済が滞っている人の自宅へ郵送される手紙の事で、一般的に返済期日を14日過ぎても返済がない場合に発送されます。

日頃から家族にバレないように気をつけていても、この督促状だけは回避することができません。

どうしても返済日に間に合わない場合には、カードローン会社へ連絡をして、返済日を少し伸ばしてもらえないか相談してみてください。

止む終えない事情の場合は、返済日を変更してもらえる可能性があります。(ただし、その分の延滞金はかかります)

督促の電話連絡は無視しないこと

返済に遅れると、督促状だけでなくカードローン会社から携帯に電話がかかってきます。

この電話を無視していると会社にも電話がかかってきますので、気まずいからと電話を無視するのは絶対にやめてください。

日頃から返済日に遅れないよう自己管理をしっかり行っていく。

万が一返済日に遅れてしまう場合は自分からカードローン会社に電話をかけ相談をする。そういった心がけが非常に重要となります。

まとめ

家族や会社にバレずにお金を借りるなら、以下の4点を満たしたカードローンの利用がおすすめです。

・電話連絡なし

・カードレス

・郵送物なし

・スマホ取引可能

中でも、おすすめはSMBCモビットです。

SMBCモビットは、5社の中で唯一「電話連絡なし」を公式HPにて公言しており、「Web完結」で申し込みをすれば「電話連絡による在籍確認、自宅への郵送物、カード発行」この3つを回避しての利用が可能です。

利用開始後も借り入れ方法や返済方法に気を配り、遅延による督促がないよう返済期日までの返済を心がけてください。

電話連絡なし!SMBCモビットの「Web完結」はこちら