エマーコイン ニュース

エマーコインはオープンソースのP2P仮想通貨であり、2014年にピアコインから分岐した物である。この仮想通貨ではマイニング・プロトコルとしてプルーフ・オブ・ステークとプルーフ・オブ・ワークの両方が使用されている。開発者はエマーコインを、仮想通貨というより開発プラットフォームであると説明している。 プラットフォームとしてのエマーコインは、EMCSSLやEMCSSHといったセキュリティサービスをサポートしている。これらのサービスではユーザーに対し、エマーコインのブロックチェーンによるパスワード無しでの認証やアクセス制御を提供している。エマーコインでは更に、EMCDNSシステムやEMCDPO、その他幾つかのEMCコインにより稼働するサービスが実現されている。EMCDNSはユーザーに対し完全に非中央集権化された、検閲されることのないドメインを提供するサービスであり、それらのドメインを変更することができるのは所有者のみとなっている。EMCDPOは信頼性の検証のためのソリューションである。PoWとPoSのアルゴリズムを共に動かすことにより、エマーコインのネットワークは51%攻撃の影響を受けることがない。様々なソリューションの数がますます増えていること、そしてネットワークの堅牢性から、多くの新しいユーザーがまもなく引き寄せられてくる可能性がある。