CAPCOINが史上最大のロックアップと、トークンと資産の完全紐づけを発表

プレセール開始前日(2018/10/23)とその後(2018/12/06)に紹介したCAPCOINに大きな動きがあったので続報をお届けする。

プレセール開始から日々資産価値を高め続けているCAPCOINが、またも驚きの緊急告知を行った。

告知詳細

※全文は公式告知に記載されている、要約すると2つのビッグニュースのようだ。

その1【ロックアップ】

現時点総発行数が約1億2,000万CAPで、そのうち1億CAPが2019年12月末まで完全ロックアップされる。

これは、現時点の総発行CAPCOINの83%以上が上場時にロックアップされ市場に出ないことになる。

上場時に先行取得層や運営母体の所有するトークンが100%ロックアップされるトークンは初耳だ。

凄まじ過ぎて、驚きを表現する言葉が見当たらないが、次の文を見れば、納得して頂けるだろう。

CapiketGroupは、アダルト産業専門の中央銀行機能を目指している。

ホワイトペーパーでは、ファイナンス調整機能と、控えめな表現に留まっているが、文脈からアダルト産業専門の中央銀行機能を目指すという非常に野心的な目標を掲げていることが解る。

そして、全てがその目標に向かって緻密に計算されている。

CAPCOINの全貌を簡単に解説すると以下のようになる。

※SPA(speciality store retailer of private label adult)小売業が製造の分野まで踏み込み、自社のオリジナル商品の開発を行い、自社で