一時バイナンスを抜いた仮想通貨取引所ZB.com 利用者とトラブルに

一時バイナンスを抜いて取引高で世界一になった中国の仮想通貨取引所ZB.comが利用者とトラブルになっているようだ。

21日に中国の仮想通貨コミュニティーサイト8btcへの投稿によると、ZB.comの利用者の一人チャン氏がZB.comによって地元の警察に通報されたと主張。同氏はZB.comが40万元(約630万円)を含む彼の口座を凍結したと主張。ZB.comでお金を稼いだ後に、警察に通報されたと述べた。

チャン氏も警察に通報しようとしたものの、取引所の口座情報など基本的な情報がなかったことから、立件されなかったという。

チャン氏は、ZB.comの以下の規約を違反した疑いから資産を凍結されたそうだ。

「ユーザーは、暗号資産取引の通常オペレーションを悪意を持って妨げていはいけない。また、プラットフォームの通常オペレーションに影響を与えたり、他の利用者の活動を技術的にも他の手段を持ってしても、妨げてはならない」

チャン氏は、仮想通貨PCC/ZTのペアで頻繁に取引を行い、2日間で70万ZT(約33万円)を獲得。彼は講座が凍結される前日に、1万PCC(約430円)(引用元:Coin.Market)を売却したという。

19日、ZB.comは取引高でバイナンスを抜いていた(引用元:CoinMarketCap)。現在は、4位で推移している

Binance(バイナンス)とは、2017年に設立された香港に拠点を置く仮想通貨取引所。創業者はCZことジャオ・チャンポン(趙長鵬)氏。同氏は米経済誌フォーブスが2018年初となる仮想通貨長者番付を発表し3位に選出された。バイナンスは登録者数、取引量、取扱いコインの数において他を圧倒しており、世界最大の仮想通貨取引所として認識されている。また同社はマルタにも拠点をもち、仮想通貨・ブロックチェーン技術の実用化にも積極的に取り組んでいる。

仮想通貨用語集