ドイツ銀元幹部、仮想通貨ビットコインから米中貿易戦争の現状を推察

ビットコインは、地政学的リスクを示す重要指標になりつつある。ドイツ銀行の元幹部であるピーター・チャー氏がフォーブスに自身の見解を語った

既報の通り、米中貿易戦争が激しくなるに従いビットコインが避難通貨として本領を発揮すると見る専門家は多い。

チャー氏は、過去2、3日間も米中貿易摩擦に関するニュースの見出しとともにビットコインの上げ下げがあったと指摘。交渉が進展しているときは下落し、30日のトランプ大統領のツイートのようにネガティブな見出しなときは上昇したと分析した。

30日にトランプ大統領は、米中貿易戦争によって中国は500万の雇用を失ったとツイートした

ただ、最近の見出しを総合的に考えればビットコインはもっと上昇していてもおかしくないとチャー氏は指摘。もしかしたら中国のエリートたちは、見出しが現実よりネガティブであることを知っているのではないか?と推測した。

「まだはっきりとしたサインは出ていないが、ビットコインの動きから推察すると中国で警報は出ていない

中国では仮想通貨取引所の運営が禁止されているが、OTC(店頭)取引盛んだ

【関連記事:ビットコイン急騰の要因と言われる中国人トレーダー 仮想通貨取引所禁止の中国でなぜ?「中国最大のOTCトレーダー」が解説

 

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版