正体不明のハッカー、仮想通貨ヴァ―トコインに51%攻撃【ニュース】

正体不明のハッカーによって、ヴァ―トコイン(Vertcoin、VTC)に対する51%攻撃が試みられた。Githubで、VTCのリード開発者のジェームズ・ラブジョイ氏が2日にレポートを掲載した

51%攻撃とは、ブロックチェーンネットワークのハッシュ能力の半分以上を獲得することで、チェーンを構成するブロックを書き換えてしまうことだ。

ラブジョイ氏の報告によれば、12月1日、ヴァ―トコインのブロックチェーン上の603個のブロックが、攻撃者によって書き換えられた553個のブロックに置き換えらえていた。

12月1日に発生したブロックチェーンの再編成により、5つの二重支出が発生。その額は125VTC、約29ドル相当だった。

ただ今回の攻撃については、その理由は定かではない。「攻撃の準備中の市場価格と、攻撃者が生成したブロック難易度に基くと、攻撃者は攻撃の実行に0.5~1BTCを費やしたと推定される」と、ラブジョイ氏は書いている。

結果として、ハッカーは今回の攻撃で最大0.56BTC(約4100ドル)の損失を出していることになる。

「攻撃者が受け取ったブロック報酬の合計値は13825VTC(~0.44BTC)だ。攻撃がブロック報酬のみに基づいて実行するのが有益でない可能性が高いことを考えると、攻撃者の動機は定かではない」

ラブジョイ氏は、今回の攻撃がVTCそのものよりも、VTCの取引を行っている仮想通貨取引所ビットレックスであった可能性もあるとしている。ただ、ビットレックスでは、今回の攻撃を受けてウォレットを無効にしたため、二重支出攻撃が中止されたと、ラブジョイ氏は説明している。

ヴァ―トコインは2014年にビットコインから分岐して生まれた仮想通貨だ。51%攻撃を受けるのは、今回が初めてではない。昨年12月にハッカーが51%攻撃を行い、10万ドル相当の被害が出ている

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン