米バーモント州でブロックチェーン上に不動産登記簿等を記録する実験始まる

 ブロックチェーンを基盤とした不動産マーケットプレイスを運営するPropyが米バーモント州と連携し、不動産登記簿等の公的書類をブロックチェーン上に記録する実験を始めた。「ブロックチェーン推進」州として知られるバーモント州におけるブロックチェーン関連の最新開発事業となる。Propy社は米カリフォルニア州パロアルトに拠点を置く新興企業。

 Propy(代表・ナタリー・カラヤンニヴァ)は、ブロックチェーン上の台帳にサウスバーリントン市における不動産取引情報を記録し、バーモント州政府が使えるようにする。安全かつ効率的に不動産登記簿と不動産を結びつける狙いがある。

 同社はさらに、不動産の買い手、売り手、そして不動産仲介業社とをマッチングし、不動産所在地近辺の情報も提供する。

 バーモント州商業及び地域開発機関のマイケル・シャーリン開発長官は、プレスリリースの中で同試行事業について次のように述べた。

 「バーモント州のビジネス、保険、金融分野における技術革新の長い歴史を象徴するものだ。幸運にもバーモント州にはブロックチェーン技術使用を可能にする最先端の法体制が整っている。バーモント州がこの分野の最前線にとどまれるように今後も議会と協力していく。」

 バーモント州は2015年にブロックチェーン技術に関する条項を含む経済開発関連法案を成立させた。同法は、政府がブロックチェーンをどう活用できるかをまとめた報告書の作成を義務付けており、これまでに自治体の記録照合やスマートコントラクトの使用などが想定されてきた。

 不動産業界はすでにブロックチェーンと仮想通貨を活用している。米マイアミの不動産業界ではすでに仮想通貨で取引が行われている。米国だけではなく、ドバイやパリ等で仮想通貨を使った不動産取引が行われた実績もある。