米国最大手の通信企業AT&T、仮想通貨による請求書支払いを受け入れへ

米国最大手の通信企業AT&Tは23日、仮想通貨での請求書支払いを受け入れると発表した。米国を中心にさらに仮想通貨の認知度が高まるきっかけになるかもしれない。

利用者は、仮想通貨決済プラットフォームであるビットペイを使って仮想通貨で請求書の支払いができるようになる。ビットペイが仮想通貨を米ドルに交換してAT&Tに渡す。米国の通信企業でビットペイを使って決済をする初めてだという。

AT&Tの時価総額は2000億ドルを超えており、日本のソフトバンクやNTT、中国のチャイナモバイルを大きく上回っている。

AT&Tのケビン・マクドーマン副社長は、「仮想通貨を使う利用者が多い。彼らが好む請求書の支払い方法を提供できて嬉しい」と述べた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

配信日時:2019年5月24日7時38分