米パウエル議長「デジタルドルは調査段階」|議員の質問に回答【ニュース】

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は20日、中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)発行について、調査をしている段階であると明らかにした。

米議員がデジタル通貨の発行を計画しているかどうかという9月に送付された質問状に対し、書簡で回答した。これを米国のジャーナリストがツイッターで公開した。

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">New: Powell told Congress today that the Federal Reserve is exploring whether it makes sense to issue its own digital currency that could be used by households and businesses <a href="https://t.co/lH3pnSLkiV">pic.twitter.com/lH3pnSLkiV</a></p>&mdash; Zachary Warmbrodt (@Zachary) <a href="https://twitter.com/Zachary/status/1196942798081138688?ref_src=twsrc%5Etfw">November 20, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

パウエル議長はCBDCの発行について開発はしていないが、発行にかかる費用や利益について調査をしていると回答。さらにCBDCについて独自の小規模な研究を行なっているとした。

発行について、FRBが金融政策や金融安定性、監督や運用の問題、サイバー攻撃からの脆弱性など、多くの法的問題に対処しなければならず、現時点では発行によるメリットがないと結論づけている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン