米CMEと英クリプト・ファシリティーズ、新しいイーサリアム指数を発表

 シカゴ・マーカンタイル取引所 (CMEグループ)は、英国の仮想通貨関連企業のクリプト・ファシリティーズと提携し、CME CFイーサ/ドル参考基準レートとリアルタイム指数を開始すると発表した。14日にプレスリリースを出した。この指数は、リアルタイムの米ドルでのイーサリアム(ETH)価格を提供する。

 プレスリリースによると、CMEのCFイーサ/ドル・レートは、「参考基準レートとスポット価格指数」を提供する。このレートは仮想通貨取引所のビットスタンプとクラーケンから提供されたトランザクションと注文予約のデータに基づき、クリプト・ファシリティーズが算出する。CMEグループはさらに「プロダクトの監視は独立した委員会によって行われる。独立委は行動規範を定め、実践基準のレビューを行う」と述べている。CMEは次のように述べている。

「プロダクトは、CME CFイーサ/ドル リアルタイム指数(ETH_RTI_USD)と、CME CFイーサ/ドル参考基準レート(ETH_RR_USD)が含まれる。…リアルタイム指数は、1イーサの米ドル建て価格を1年を通じて1秒に1回公表する。この指数は、イーサの価格にリアルタイムの透明性を提供する。参考基準レートは、ロンドン時間の午後4時時点の1イーサの米ドル建て価格の日次参考基準レートだ」

GMEグループの株式商品・オルタナティブ資産担当のマネージング・ディレクター。ティム・マコーチ氏は次のように述べた

「イーサの参考基準レートとリアルタイム指数は、進化する市場のニーズを満たすように設計されている。価格の透明性と信頼できる価格参考情報を提供することは、イーサリアムユーザーにとって重要な発展だ」

 昨年12月、シカゴ・オプション取引所(CBOE)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)はビットコイン(BTC)の先物取引を開始した。また先週、クリプト・ファシリティーズもイーサリアムの先物取引を開始している。この先物取引では、投資家はイーサリアムのロングまたはショートのポジションを取ることができるようになる。

  • フォローはこちら: