イギリスでイーサリアム先物が取引開始、ロンドン拠点の企業が導入

 英ロンドンに拠点を置く仮想通貨取引プラットフォームであるクリプト・ファシリティーズは11日、時価総額で世界第2位の仮想通貨イーサリアム(ETH)の「最初の規制された」先物取引を開始したと発表した

 クリプト・ファシリティーズは、現地時間の11日午後4時から、イーサリアムのデリバティブ取引を開始した。この商品は、投資家がロングやショートのポジションをとることを可能にし、「投資機会を広げ、リスクをより効率的に管理できるようになる」と説明している。

 同社は、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)先物のデリバティブ商品も展開したいとしている。同社のイーサリアム先物商品の流動性は、シカゴとロンドンに拠点を置くアクナキャピタルとB2C2によって提供される。クリプト・ファシリティーズのティモ・シュライファーCEOは次のように述べる。

「…イーサリアムネットワークはスマートコントラクトのための優れたブロックチェーンであり、この新しい取引手段はより多くの投資家を引きつけ、市場に大きな流動性をもたらすと考えている」

 イーサリアムが証券にあたるかどうかに関する議論が浮上しているが、イーサリアムの共同創設者であるジョセフ・ルービン氏は「絶対に違う」と反論している。シュライファー氏はこの論争に関して次のように述べている。

イーサリアムが証券であるかどうかは、管轄が異なるところが決定する問題だ。クリプト・ファシリティーズはデリバティブプラットフォームであり、適用される規制に準拠していく」

 シュライファー氏はイーサリアム先物の存在が、ビットコインと同様に市場が成熟していることを示すものになるだろうと述べた

「ビットコインは過去1年間、先物市場が存在することで金融資産として成熟してきた。そしてイーサリアムもこの1年間で同様の道を歩んでいくだろう」

 昨年12月、シカゴ・オプション取引所(CBOE)がBTC先物取引を開始し、その1週間後にシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)もBTC先物を導入した。

 サンフランシスコ地区連銀は、CBOEとCMEによるビットコイン先物取引の開始の結果、ビットコイン価格が2万ドルの高値から下落したとのエコノミックレターを出した。レターの中で、先物市場でのBTCの取引量が比較的少なかったため、先物導入によってもBTC価格が一晩で崩壊することはなかったと述べている。