ウクライナ議員、2030年まで仮想通貨取引のキャピタルゲイン非課税を提案

ウクライナの国会議員は、10月1日の演説で、2030年までの仮想通貨取引への課税を凍結することを提案した代替案を検討するよう国会に要請した。

ジョージア州の元政治家、ミケーイ・サカシュビリ(Mikheil Saakashvili)氏が2017年に設立した反汚職運動の新勢力のメンバーであるユリー・デレヴィャンコ(Yuriy Derevyanko)議員は、ウクライナ議会の調停委員会に同氏の法案に対するビジョンを説明した。

「法案は、2029年12月31日まで、仮想通貨市場のすべての参加者のための税金の免除を提案するものだ」

「われわれは、今後10年間、仮想通貨領域への課税にモラト}