英サザビーズ、高級不動産のトークン化検討 ブロックチェーン企業スマートランズと提携【ニュース】

英オークション大手サザビーズ傘下のサザビーズ・インターナショナルリアリティが、高級不動産のトークン化を検討していく。英ブロックチェーン企業のスマートランズと提携して行う。スマートランズが2日に発表した

高級不動産の所有権を分割し、セキュリティトークンとして発行する可能性を調査していく。

発表によれば、ロンドンのペントハウスアパートメントとギリシャの高級ヴィラの2つの高級不動産のトークン化に向けて、両社が準備を進めている。今年末までにプロジェクトの詳細を発表する予定だという。

高級不動産をトークン化する取り組みが相次いでいる。

米オーバーストックのブロックチェーン子会社tZEROは10月、英マンチェスターの高級不動産開発プロジェクトをトークン化する取り組みに着手すると発表した。

また米ブロックチェーン企業のアセットブロックは9月、高級ホテル管理のロッジング・キャピタル・パートナーズ(LCP)と提携し、6000万ドル(約65億円)の不動産をトークン化することを明らかにした。

【関連記事:米アセットブロック、65億円規模の不動産をトークン化 アルゴランドのブロックチェーン活用

【関連記事:tZERO、英国の高級不動産開発プロジェクトをトークン化へ