タイ警察、26億円相当のビットコイン詐取で容疑者を逮捕

 タイの警察は、2400万ドル(約26億円)相当の仮想通貨を詐取した容疑で27歳の俳優ジラットピシット・「ブーム」・ジャーラヴィジット容疑者を逮捕した。バンコク・ポストが8月9日に報じた。

 ジラットピシット容疑者は、兄や姉を含む7人の容疑者の1人と報じられている。ジラットピシット容疑者が7億9700万バーツ(およそ2400万ドル)相当の仮想通貨への投資を不正に勧誘したとするフィンランド人男性による訴えを受けて、刑事裁判所は7月26日、同容疑者に対する逮捕状を出した。ジラットピシット容疑者はマネーロンダリングの罪で拘留されているが、容疑を否認している。

 容疑者らは、「ドラゴンコイン」という仮想通貨に投資している企業の株式購入を持ち掛けたという。投資家にはビットコイン(BTC)での支払いを求めた。バンコク・ポストによれば、投資家たちは投資からの配当金を得ることも、株主総会への招待を受けることもなかった。警察当局は、容疑者たちがウォレットからBTCを引き出し、バーツに換金したと述べている。

 韓国警察は今週初め、投資家に対して113年前に沈没したロシア軍艦ドミトリー・ドンスコイの財宝を巡る仮想通貨詐欺の疑いで、シニルグループの事務所を捜索した。自社の仮想通貨購入を投資家に促すために、シニルは軍艦から見つかった金による配当を約束したと報じられている。同コインは今年のローンチ以降、約10万人の投資家から600億ウォン(5370万ドル)の投資を集めたとされている。しかし、沈没船に価値あるものが積まれていることを示す明確な証拠は何もない。