タイ債券市場協会、ブロックチェーンベースの債券登録プラットフォームをリリースへ

 タイ債券市場協会(TBMA)は、年内にブロックチェーンを活用した債券登録プラットフォームを開始する。債券発行の速度を上げ、流通市場の流動性を向上させるのが目的。バンコク・ポストが28日に伝えた

 TBMAのタダ・プッチタダ会長によると、このプラットフォームにより、債券発行にかかる時間が7~15日から3~4日へ大幅に短縮する。最終的にはスクリプトシステムを通じ、同処理を2日以内に完了させることを目指している。

 流通市場での社債の平均取引金額は、過去6年にわたり大幅に増加している。17年度は50億9000万バーツ(169億6000万円)に達した。16年度は43億3000万バーツ、11年度は8億バーツだった。市場の流動性は急速に拡大しているが、社債発行の速度は依然として遅い。TBMAは、新たなプラットフォームの導入で、流通市場における社債拡大に対処したい考えだ。

 新プラットフォームは、プライベート型ブロックチェーンを使ったスマートコントラクトプラットフォーム上に構築される。債券決済情報や債券購入申込、債券取引の検証システムのほか、金利、支払い、その他の債券情報などを提供する。

 同会長によると、新プラットフォームは、18年末までに、規制サンドボックスの適用対象となる。同プラットフォームは、タイ証券取引委員会(SEC)と同国の中央銀行両方の規制サンドボックスが適用される、初のフィンテックサービスになるという。