仮想通貨投資会社「FXビットグローブ」に業務停止命令 米テキサス

米国テキサスの証券委員会は4月9日、仮想通貨および外国為替取引プラットフォームの「FXビットグローブ(FxBitGlobe)」に対し、緊急停止および停止命令発した

同社は投資会社として自社を宣伝しており、偽の政府文書や偽の住所でブローカーディーラーとして登録されているとうたっていたという。

高額のもので5万ドル(550万円)以上の複数の投資プランがあり、法定通貨または仮想通貨で支払いが可能、とされていたという。

投資家は日毎の利益と週毎の支払いを約束するさまざまな「サービスプラン」にアクセスできる権利を提供されていた。最大のものは、資金保険40%~45%に加えて月々70%のリターンを保証するというものだった。

コインテレグラフは昨年10月、米ノースダコタの証券委員会が、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)とうたった未承認の不正な証券を提供した疑いで3企業に停止命令をだしたと、伝えている。

最近では、今年2月にテキサスの証券委員会は、未登録の証券を販売していたとされる仮想通貨関連の4企業と、投資家らへ仮想通貨トークンを提供しないこと、および2万5000ドル(約270万円)の罰金で合意に達していたと報じられている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Texas Regulator Issues Cease and Desist Order to Crypto Investment Firm FxBitGlobe