リップル社 サンフランシスコ・ベイエリアの人気企業ランキングに登場 | 仮想通貨・ブロックチェーン企業で唯一

リップルがカリフォルニア州のサンフランシスコ・ベイエリアで社員から最も人気のある会社の1つに選ばれた。調査会社GPTWのサーベイから明らかになった。

GPTWによると、サンフランシスコ・ベイエリアにおける人気中小企業ランキングの中で、リップル社は17位にランクイン。91%の従業員が素晴らしい職場と答え、95%が他人に働いていることを言う時誇りに思うと話したそうだ。

また97%が仕事を終えるために残業も惜しまないと答え、96%が必要な時に仕事を休めると答えたそうだ。さらに95%が会社に入った時歓迎されたと感じたと回答した。

GPTWのリストにある3中小企業5社のうち、仮想通貨・ブロックチェーン企業は含まれていない。トップはASANAだった。

一方、大企業部門のトップはヒルトンで、4大会計事務所のKPMGとデロイトはそれぞれ10と14位にランクイン。アドビは12位でエヌビディアは17位だった。

テッククランチによると、GPTWのランキングに掲載されるために企業は手数料を支払わなければならない。また、もし企業が基準に満たなければ、リストでは言及されないことがあるという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Survey: Ripple Ranked One of Top Employers in San Francisco Bay Area