機関投資家呼び込めるか 独スタートアップがフランクフルトとルクセンブルグの取引所に仮想通貨ビットコインETN上場目指す【ニュース】

ドイツのスタートアップIconic(アイコニック)は、フランクフルトルクセンブルグの取引所に、ビットコイン(BTC)上場投資証券(ETN)の上場を見込んでいる。同国のハンデルスブラット紙が10月29日に報じた

アイコニックは、ビットコインETNに関する目論見書を申請したという。早ければ今年12月の初めにも有効になる可能性がある。同ETNは国際証券コードのISINコード (アイシンコード)も付帯するとされる。

アイコニックはフランクフルト拠点。今回申請したETNはドイツ隣国のルクセンブルクの金融監督委員会(CSSF)が規制する予定。収集した資金を直接ビットコインに投資し、米大手仮想通貨取引所コインベースが購入する。コインベースは今年5月、ステーブルコインのUSDコイン(USDC)取引を85ヵ国に拡大したと発表している。

ETNは、多くの人が求めているビットコインETFの「ソフトな」代替オプションと考えられている。資産のプールではなく、銀行といった発行元によって裏付けされている債券だ。

こういった商品が登場した場合、市場が成熟した兆しだとされる。大手機関投資家に仮想通貨を提供する機会ともなる。

一部の専門家らは、ビットコインETNを仮想通貨関連の他の金融商品の先駆けと見ている。フランクフルト・スクール・オブ・フィナンス・アンド・マネジメントのロックチェーン・センターの責任者、フィリップ・サンダー氏は、以下のように述べている。

アイコニックは規制当局およびドイツ取引所を説得した。フランクフルト証券取引所への彼らのビットコイン商品の上場は、著しいステップで、(中略)ビットコインETFに欧州が一歩近づいた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版